人気ブログランキング | 話題のタグを見る

能登半島地震チャリティライブ

能登半島地震チャリティライブにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。
先日、20日(水)に金沢市民芸術村オープンスペースにて「能登半島地震チャリティライブ」を行いました。参加団体(出演順)北陸グレース マス クアイア、K-WISH、金沢フラメンコ、スタジオ エストレージャの4つの団体が集まり、K-CUBICの協力のもと、開催することができました。
当日は、梅雨の時期の蒸し暑い中、会場に足を運んでくださったたくさんのお客様のおかげで、義援金は
   総額 176,448円に達しました。心から感謝いたします。
能登半島地震チャリティライブ_e0118827_22255584.jpg
能登半島地震チャリティライブ_e0118827_22262042.jpg
皆様からのあたたかいお気持ちはテレビ金沢を通じて、被災地への募金として届けられます。
ライブの中では、それぞれの団体の中から実際に被災にあった話やボランティアに行った時の話など、まだまだ忘れてはいけない、もっと意識して、知っていかなくてはいけない話がありました。その中では、「もし被災したらどうするのか」という話題を家族の中で決めておくことが大切だといっていました。北陸は地震が起こらない場所という意識を捨てて、「もしも」の対策を考えておくことが必要なんですね。
最後の合同曲では、今回人数が集まらなくて、団体としては参加することができなかった、キングダム ゴスペル クワイヤ ミニストリーズのメンバーの方たちともご一緒できました。そして、出演したメンバーとお客様、スタッフの方たちとが一体になったような気がしました。会場の一人ひとりの表情から、「これからも能登を応援していこう!!」というパワーを感じることができました。出演者の私たちこそ、お客様のパワーを頂きながら歌うことができましたことを、大変うれしく思います。
能登の方では小さな地震がまだまだあるようです。あのときの恐怖はきっと忘れることができないでしょう。まだまだ不安もあるでしょう。でも、あの会場のパワーをどうぞ受け取ってください。そして、これからは未来に向かってがんばってください。
そして私たちも同じ石川県民として、能登半島地震を忘れずに、何か行動で応援していきたいものです。
あらためて、会場に足を運んでくださったたくさんの皆様に感謝申し上げます。

K-WHISH 代表

# by artvillage | 2007-06-28 22:32 | ミュージック  

アストル・ピアソラ三部作 第一弾

『ピアソラへのイントロダクション』
アストル・ピアソラ三部作 第一弾_e0118827_19502699.jpgアストル・ピアソラ三部作 第一弾_e0118827_2021013.jpg


アストル・ピアソラ三部作 第一弾_e0118827_19505010.jpgアルゼンチンの世界的音楽家、アストル・ピアソラの没後15年を記憶する企画は、「アストル・ピアソラを生ける」(アート工房との共催)から始まりました。

アストル・ピアソラ三部作 第一弾_e0118827_1951664.jpg“空飛ぶ卵”を意味するイタリア製スピーカー、ウーヴォラから流れるのはさまざまな年代を表現するピアソラの生前の演奏。ライブあり、スタジオ録音ありの渾身の演奏がアート工房の段差を登ったり駆け降りたりして展示の花を触発、魂が降り注ぐようにと願いを込めた献花に融合したようです。

今回、特にアーティフィシャルな花にこだわったのは、楽譜に音符を書き込んで始まる曲の構成に倣い、すでに完成された生花では成しえなかった無からを創造するため。
31点すべてが、曲のタイトルからデザインされました。多くを紹介できないのが残念ですが、「天使の復活」、「ブエノスアイレス午前零時」などがあり、布を染色、創作する集団「花座」はふりそそぐ音に乗せられ翻弄されながらも、即興の危険を孕んで、それぞれがソリストの心情で花を創作し、追悼の気持ちを手向けました。

多くの方々にご来場をいただき、ありがとうございました。
ミュージック工房・工藤文雄アストル・ピアソラ三部作 第一弾_e0118827_2022769.jpgアストル・ピアソラ三部作 第一弾_e0118827_2024354.jpg

# by artvillage | 2007-06-27 20:19 | ミュージック  

40年前の芸術村

芸術村にはさまざまな方がお見えになりますが、昨日はなつかしい思い出を持つお客様が訪ねてくださいました。
市民芸術村の前身、旧大和紡績に勤めていらした皆藤さんと神谷さんです。

40年前の芸術村_e0118827_20385632.jpg

皆藤さん(左)
(新潟県在住)

神谷さん
(千葉県在住)

「当時も庭が美しくてね。何本かの木には見覚えがあるような気がします」





15歳のときに集団就職で金沢に来られ、3年間を紡績工として働いていたとのこと。それ以来、実に約40年ぶりの芸術村へのご訪問です。
現在、各工房間をつないでいるアーケード付きの通路は、当時は線路! 出来上がった製品などを工場内各所に運んでいたのだそうです。現在の受付事務所は守衛さんの詰め所。また、敷地内には学校もあり、二交代勤務の合間に金沢大学の先生方などに就いて数学なども修めていたのだとか。広場の西側にあった寮で青春時代の一時期を過ごされたお二人。最後にドラマ工房をご覧になり、当時の思い出がよみがえって感無量のご様子でした。(お)

# by artvillage | 2007-06-26 21:00 | 広場  

ドラマ工房戯曲講座

この週末は京都から土田英生さんを迎えて戯曲講座(ぎきょうくこうざ:台本づくりですね)を行いました。
といっても昨年度からの継続事業なので、この日は受講者の方それぞれが第一稿を持ち寄り、個々の作品について土田さんからアドバイスをいただきました。

台本づくりというと、なにやら難しい顔をして講習を受けているように思われるかもしれませんが、この講座はとにかく面白い!会場は笑いの渦です。

ドラマ工房戯曲講座_e0118827_23151845.jpg
ホワイトボードの前にいるのが土田さんです。


ドラマ工房戯曲講座_e0118827_23153762.jpg


あー惜しい。笑ってるところが切れています。
カメラマンの責任です
m(_ _)m



次回の講座は9月22日です。
聴講も大歓迎ですので、興味のある方は一度いかがですか?
drama@artvillage.gr.jp
までご連絡くださいね。

それでは!

(イグチ)

# by artvillage | 2007-06-25 23:33 | ドラマ  

【サンプル公演】の稽古

この夏、ドラマ工房が行う【サンプル公演】の稽古が始まっています。

【サンプル公演】の稽古_e0118827_11314963.jpg
【サンプル公演】は市内の中学校に出向いて、演劇の魅力をお伝えするとともに、学校の機材を使って「ここまでできる!」を共に考えるワークショップです。










【サンプル公演】の稽古_e0118827_1132462.jpg
今回の演目は『注文の多い料理店』、セットも工夫してあります。みんなでセッティングすればあっという間に完了です。(お)

【サンプル公演 日程】
7月 5日 (木) 犀生中学校
7月 6日 (金) 北陸学院中学校
7月12日(木) 長田町中学校




# by artvillage | 2007-06-22 11:40 | ドラマ