クリスマスに行われる公演のご紹介

こんにちは、事務局です。

先日ご紹介したドラマ工房の「かなざわリージョナルシアター2017」も
先週の公演で全日程を終了しました。
いかがでしたか?

今日の芸術村は雪景色、日頃賑わう芝生も白色でした。
e0118827_14341320.jpg

















クリスマスに行われる公演を2つご紹介です。

一つ目は音楽。
コラボレーションシリーズvol.3 −シャコンヌ、いまそこにあるもの−
「マルチヴァイオリニスト中澤沙央里がおくるヴァイオリンとヴィジュアルアートによる詩的で幻想的な世界。
演奏のみならず、バッハとバルトークの作品からの霊感を得て創り出されたヴィジュアル・アートは、
見るものをその作品世界へと引きつけるだけでなく、同時に自己の内面世界へと導きます。
魂の詩人・和合亮一を迎えて送るフクシマへの鎮魂歌「シャコンヌ、いまそこにあるもの」、
静けさの中に佇む美と無情を描いた「ある季節の思い出に(新作初演)」の2作品をお楽しみください。」

日程:2017年12月24日(日) 時間:14:00開演 (13:30開場)

会場:金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア

演目:シャコンヌ、いまそこにあるもの
   ある季節の思い出に(新作初演)

出演:中澤沙央里(ヴァイオリン、ヴィジュアル・アート)
   和合亮一(語り)
   神谷紘実(ニコフォン)

入場料:全席自由 
    一般2000円(当日2500円)
    高校生以下1000円(当日1500円)
    未就学児の入場はご遠慮ください。
詳細 コラボレーションシリーズvol.3−シャコンヌ、いまそこにあるもの−

二つ目は演劇。
ラマ工房で行われる
演劇ユニットK-CAT 第10回公演「上川家の女たち」
12月22日(金)、23日(土)、24日(日)の3日日間行われます。

あらすじ 「昭和五年、とある山間部の村。
旧家「上川家」では、当主の葬儀が、妻の貞子と五人の娘達によって報り行われていた。
長女すみれには、14歳年下の太田幹二人との縁談が進んでいた。家を守ために、世間体を重んじ高圧的な貞子。
その貞子に抑圧され愛に飢えた娘たち。
隠し続けていた憎しみと嫉妬は、ふとしたことで爆発し、事態は思わぬ悲劇を呼び起こす。」

K-CATが総力を結集して上演する、20代から70代までの女優14人による群像劇。

日程:12月22日(金)、23日(土)、24日(日)

時間:12月22日(金) 20:00
23日(土) 14:00/19:00
24日(日) 11:00/15:00

場所:金沢市民芸術村 PIT2 ドラマ工房


チケット: 一般 2000円(当日 2500円)
高校生以下 1500円(当日 2000円)
詳細 上川家の女たち

音楽会や演劇が一つの場所で見ることが出来るのも芸術村の魅力だと思います。
たくさんの方のご来場お待ちしております。



[PR]

# by artvillage | 2017-12-14 14:54  

かなざわリージョナルシアター2017はじまりました!


こんにちは、事務局です。


街路樹も色づきはじめ、秋が深まってきましたね。

芸術村のドラマ工房では、「かなざわリージョナルシアター2017」が先週の1021日(土)よりはじまりました。



金沢市やその近郊で活躍する6つの劇団が参加しているリージョナルシアターの初日は、劇団「わらべうたとえんげきの広場はちみつ」が宮沢賢治の名作童話「セロ弾きのゴーシュ」を演じ、2回開催された公演では100人を超える鑑賞者を楽しませました。


原作は宮沢賢治。出演は奈良井伸子(語り)、鳥毛こずえ(影絵・人形)、上田智子(ハープ)、外山賀野(チェロ)。

劇中では影絵や人形劇を組み合わせ、ハープとチェロの美しい音色を交えて展開し、子どもから大人までをひきつけ、宮沢賢治の童話の世界へと連れていってくれました。





今回のかなざわリージョナルシアター2017は、12月まで開催いたします。

10月の最終週末は、劇団『不完全燃焼』による公演が開催予定です。

「人造人間ナマミマンー異端英雄禄ー」

10/28() 1900

10/29() 1400



また11月からは、『表現集団 tonetonetone!』、『空転幾何区』、『劇団ドリームチョップ』、『劇団羅針盤』の劇団の公演が予定されています。


普段着感覚で気軽に演劇を鑑賞できるように、全公演に車椅子席をご用意し、託児、親子席、親子鑑賞回を設けるなど、各劇団ごとに工夫しています。


ぜひ、この機会に金沢演劇のすばらしさを体験してみませんか。




・表現集団 tonetonetone

「ダブリンの鐘つきカビ人間」

11/2() 2000

11/3() 1400~/1900

11/4() 1400~/1900

11/5() 1100~/1430



・空転幾何区

Clock

11/25() 1300~/1900

11/26() 1300



・劇団ドリームチョップ

「底のない柄枸」

12/2() 1300~/1930

12/3() 1300



・劇団羅針盤

「聖夜に2度目の鉄槌をー赤い服の世界的不法侵入に関する幾つかの考察ー」

12/8()  2000

12/9()  1400~/2000

12/10() 1400









[PR]

# by artvillage | 2017-10-28 14:34 | 事務局から  

秋の長夜 とことん音響講座 最終日!

こんばんは事務局です。


昨日は中秋の名月でしたね。

「中秋の名月には美しい月、それも満月が見られる!」と思っていたのですが、どうやら今年の満月は10月6日のようで。

3日間も夜空の月を眺められるなんてステキだなあと、ちょっと得した気分でした。


みなさま秋の長夜、いかがお過ごしでしょうか。



さて、毎年恒例のミュージック工房自主トレ、「とことん音響講座2017」は10月3日に最終日をむかえました!


最終日のにはスペシャルゲストでプロの演奏家、「オルガンジャズカルテット」のみなさまをお招きし、

芸術村ミュージック工房Fスタジオで、実際のライブと同じような環境の中、音響を実践的に体験しました。


まずはサウンドチェック。

各楽器や器材の調整からはじまり、

どのようにマイクの設置するか、

スピーカーから出る音がどうか、などなど。


受講者の方々は、演奏家の方からの意見も聞きつつ、

講師の新谷さんのもと、実際に機材に触れ音響のチェックです。


e0118827_15131873.jpg

e0118827_15131095.jpg

e0118827_15130219.jpg
e0118827_15130691.jpg

e0118827_15131415.jpg
最後に今回この講座のためにお越しいただいた、オルガンジャズカルテットのみなさんをパシャり。


秋の長夜を、音響講座を受講された方々と、
オルガンジャズカルテットの演奏が楽しませてくれました。





[PR]

# by artvillage | 2017-10-05 20:01 | 事務局から  

芸術村21周年

こんにちは、事務局です。

本日、10月4日は金沢市民芸術村のお誕生日です!

金沢市民芸術村は吹き抜けの高い天井や赤レンガの壁面など旧大和紡績倉庫群の魅力を活かして改修し、
市民が演劇や音楽、美術などの芸術活動の練習・発表を行える施設として1996年に誕生しました。

次世代を担う若者たちの文化活動の育成を図り、地域の多彩な創造活動を支え、
文化発信、交流拠点として、金沢の豊かな文化芸術を醸成するDNAを紡ぐ場となっています。

既存の枠にとらわれずに、思う存分創作活動に打ち込むことができ、
自由な表現活動が行える、それが金沢市民芸術村です。

21周年をむかえた芸術村は「新生 芸術村」として
これからも「市民が主役」「いつでも だれでも 自由に」をモットーに、
芸術村から全国に、世界に金沢の文化を発信する場として歩みつづけていきます。


e0118827_17383554.jpg


みなさんご存知の方は少ないかもしれませんが、
最近誕生した芸術村マスコットの「レンガくん」と「レンガちゃん」です。

事務局でも芸術村のお誕生日をお祝いしました!

みなさま、これからも「レンガくん」「レンガちゃん」共々、芸術村をよろしくお願いします。








[PR]

# by artvillage | 2017-10-04 17:43 | 事務局から  

9月のゴーヤ

こんにちは、事務局です。

秋も近づきそろそろ芸術の秋本番ですね。
芸術村もアート工房の「アートな仕事ーク」や
ドラマ工房の「演劇を10倍楽しむ方法」、
かなざわリージョナルシアター2017「げきみる」など面白いイベントが目白押しです。
イベント情報は芸術村のホームページに詳しく掲載しています。
芸術村ホームページ


時々このジャーナルにも登場し、事務局を強い日差しと暑さからから守ってくれた
グリーンカーテンのゴーヤ。
夏も終わり、葉も少しずつ枯れ実もつきにくくなってきました。
そろそろ最後の収穫になりそうです。

e0118827_17475110.jpg

[PR]

# by artvillage | 2017-09-08 17:54 | 事務局から