恒例!!夏の子どもワークショップを終えて

                                                         アート工房ディレクター 戸出雅彦 
 アート工房、夏恒例の子どもワークショップ7/21、22「子どもペインティング」8/4.5「泥んこプール」が行われました。両ワークショップとも定員を遥かに超える応募があり、泣く泣く抽選で参加者を決める事となりました。ペインティングは工房内いっぱいに敷き詰められた画用紙に、はけ、筆、ローラー、スポンジなどの道具を使って自由に描くものです。
幼児から小学生までの参加で身体を使って思いっきり絵?を描いていました。全身絵具まみれになった子どもが「ママぁ〜抱っこ!」お母さんの引きつった顔が忘れられません。「泥んこプール」は、数日前から場所の整備、草むしりから石拾い、耕し、土手を整備、新しい土を入れ…炎天下の作業、サポートスタッフの皆さん本当に有り難うございました。当日は、台風が心配されましたが晴れ!子ども達も思いっきり泥まみれで遊んでいました。ヌルヌル、ドロドロ…ツルっとすべってバーン!何が何だか、とにかく楽しそうでした。
 この4月から新任のディレクターの私にとりましては、全体の流れからその様子、段取り、人員配置にいたるまで全て未知の世界で、本当に困惑しながら終わった夏のワークショップでした。参加された皆さんのアンケートには、「楽しかったでっす。もっとやって下さい。」と言った声がほとんどで人気の高さがうかがえますが、サポートスタッフの人員確保や参加受け入れ人数、内容、参加者の関わり方、場所の設定など等…検討しなきゃいけないこともたくさんあるように思いました。来年はどんなカタチになるのかサポートスタッフ/アートアンツの皆さんと話し合いながら考えたいと思います。まぁしかし、本当に暑い(熱い)日が続きます…フーッ。
e0118827_6423088.jpg

[PR]

by artvillage | 2007-08-12 06:51 | アート  

<< アメリカバッファロー市代表団と... 君も石に挑戦しよう! >>