バッファロー ~ 金沢 姉妹都市交流事業「空を翔るJAZZ」

昨年、2010年11月23日にジャズ音楽を通じて国境を越えた音楽交流とジャズの魅力を広めることを目的に、ジュニア・ジャズ・オーケストラJAZZ-21の交流ジャズコンサート バッファロー ~ 金沢「空を翔るJAZZ」が開催されました。
150人ものお客様がパフォーミングスクエアに足を運んでくださいました。出演は金沢の姉妹都市である米国ニューヨーク州バッファロー市からハンブルク高校JAZZバンドと音楽を楽しもう♪スペシャルバンド、そしてJAZZ-21です。

オープニングアクトをつとめたのは、音楽を楽しもう♪スペシャルバンドです。
e0118827_2310199.jpg
今年8月より始まった小・中校生を対象にした管楽器ワークショップ「音楽を楽しもう♪」の受講生と講師によるスペシャルバンドを結成し演奏に望みました。

e0118827_23104668.jpg
「音楽を楽しもう♪」金沢市民芸術村にて毎月3回の講習を行っており、様々な音楽を練習しながら音楽基礎知識や管楽器に関する技術、知識の習得、表現力の向上をはかっています。今回の演奏が受講生にとって初のステージでしたが、緊張しながらも練習の成果を発揮し、楽しい演奏を披露してくれました。


e0118827_23112027.jpg
JAZZ-21は今年で6年目を迎えました。H18年夏、JAZZ-21は米国ニューヨーク州バッファロー市に海外遠征に訪れたことがあります。その時、ハンブルク高校JAZZバンドの皆さんには発足して間もないJAZZ-21のメンバーをホームステイで受け入れてくれたり、市内視察など慣れないメンバーを温かく迎えていただきました。当時のメンバーはもういませんが、今年はハンブルク高校JAZZバンドの皆さんをお迎えする立場となり、以前に受けた歓迎とおもてなしを引き継いでいけるようにという思いでこの日を迎えました。
e0118827_231267.jpg


ハンブルク高校JAZZバンドの皆さんは、自分の音、思いを聴かせようとする演奏に対する姿勢が素晴らしいと思いました。
e0118827_23131231.jpg
中でも、ヴォーカルのNatalie Claire Stormerさんの歌声はとても透明感があって、ストレートに心に届き聴く人を魅了しました。e0118827_23132280.jpg


JAZZ-21とハンブルク高校JAZZバンドで合同演奏も行ないました。
曲はハンブルグ高校JAZZバンドからの提供曲「THE DEFIBRILLATOR」とJAZZ-21からの提供曲「BLUES IN THE CLOSET」の2曲です。
e0118827_23134336.jpg

お客様からは大きな拍手をいただき、大盛況のうちに終わりました。

人種も文化も違いますが、ジャズ音楽は子ども達にとって共通していました。
子ども達に言葉は必要ありませんでした。ジャズ音楽が何よりのコミュニケーション手段でした。今後に良い刺激になるいい経験ができたと思っています。
e0118827_2313581.jpg


JAZZ-21は1月8日(土)文化ホールで行なわれる金沢ジャズ連盟結成記念コンサート「JAZZ GATE」の出演も終え、そして、2月20日(日)芸術村パフォーミングスクエアで行なう「ジャズざんまい」に音楽を楽しもう♪スペシャルバンドとともに出演します。

寒さに負けず、頑張って練習に励んでおりますので、皆様応援よろしくお願いいたします!

ディレクター 藤本美和
[PR]

by artvillage | 2011-01-17 23:23 | ミュージック  

<< 金沢音楽週間 LIVE CIR... 俳優ゼミ「鳴海ワーク」第5回《... >>