俳優ゼミ第二弾終了っ!!

鳴海康平先生による俳優ワークショップ『自律した身体と表現のために~鏡花作品上演に向けて』!!第二回が無事終了いたしました(*> U <*)

第二回のテーマは、『表現のための身体と俳優の表現を知る』ということで、このテーマに沿った呼吸法やストレッチを中心にやりました☆
今からいくつか紹介していこうと思いますっっ!!



と、その前に…前回やったゲーム(詳しくは前回の俳優ゼミの記事を見てください♪)の発展版の様子をご覧ください!!



じゃーん☆

e0118827_19155727.jpg


ふふふ、相変わらず楽しそうでしょ…でも、これ実はみんなかなりテンパってるんですよ(´∀`)ニヤニヤ
数字とアルファベットを同時に誰かに回すゲームなんですが…


『Vの次のアルファベットってなんだったっけ!?』

『数字がまわってこない!!』

『いつの間にかアルファベット増えてるー!!』



……………もうワケわかんなくなってますねー(´Д`)みんな数字も英語も苦手ってことがバレちゃいました…笑
演劇はコミュニケーションが大事なのですが、こんな調子で大丈夫なのでしょうか(´;ω;`)



まぁ、楽しくやれれば結果おーらいですよね☆(←こらこら

そんな感じで楽しくやりながらも、キリッと本格的なストレッチなんかもちゃーんとしましたよ!!例えば……


e0118827_19165859.jpg



腰を入れて、柔軟体操!!
うん、まぁ…この写真のうち手前と一番奥のヒトは全然腰入ってないんだけど、さ……

てゆぅか、一番奥は私なんだけど、さ……泣

後ろの人たちは、写真では背中を押しているように見えますが、違うんです!!背中押されて『ひっひっひ、苦しいだろおおお(・∀・)ニヤニヤ』とか言われてるわけじゃないんです!!笑
これは、柔軟している側の人が、起き上がってこようとするのを動かないように、後ろの人が支えているんです!!こうすると、最初より身体が伸びるんですよ☆



しかし、正直身体固すぎてかなり辛かったです(´;ω;`)笑
おうちでも頑張って柔軟しとかないと!!


そんでもって、次は大事な呼吸について!!
今回やったのは、四つん這いになって背中を丸めたり床につけるようにそったりして、胸式呼吸や腹式呼吸を意識する呼吸や、丹田を意識して、前に進みながら息をコントロールする、等をやりました!!

e0118827_1918258.jpg

e0118827_19184291.jpg


四つん這いでする呼吸は、なかなかハード…特に、間を空けずにワンテンポづつ吸ったりはいたりするのが(><)
息のコントロールは、どうしても息が足りなくなっり、逆にはききれなかっり…あとは、丹田への意識を忘れてからだがふらついて安定しなかったり…かなり難しかったです(;´∩`)

あともうひとつ教えていただいた大事な事は、骨盤!!
骨盤を前後に動かす運動や、安定させる運動をしました☆

e0118827_1947735.jpg

e0118827_19475029.jpg


骨盤(て言うか下半身)が安定すれば、声がよく出るんです!!しかしこれまた意識し続けるのが難しい・・・泣


演劇をするためには、色んなことができなきゃいけないんだなぁ…。今回もすっごくためになりました☆筋肉痛になったのはご愛嬌♪♪(←おいおい



受講生の皆さんっ!!トレーニング継続しないと、次の受講が辛いですよ(・∀・)ニヤニヤ
あとは、来年度の鏡花作品公演のために、次の受講までに鏡花作品1つ読む宿題、忘れずに☆

あ、そんな訳で、来年度このワークショップの成果発表の公演を予定していますので、このブログを見てる方は是非!!きてくださいね♪



次回、第三回のワークショップは『メソッドトレーニング初級編(強度のある身体への第一歩)』というテーマで、平成22年10月16日(土)19:00~22:00、17日(日)13:00~16:00に行われます!!まだまだ受講生募集中ですので、興味のある方はドラマ工房までお問い合わせくださいませ♪



以上、ポラリスのかとーがお送りしました☆
[PR]

by artvillage | 2010-09-13 19:11 | ドラマ  

<< 遅れました…キッズ☆クルーです 市民公開講座「カラダ発見!」 >>