<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ウクレレクリスマスvol.2(共同主催)

遅くなってしまいましたが、ミュージック工房の12月以降のイベントを少しずつご報告していきたいと思います。

まずは昨年12月11日に開催しました、ウクレレクリスマス!2回目となる今回は、会場を広々としたパフォーミングスクエアに移しまして、華やかに行いました。
とっても寒く、雨、雪、風が吹き荒れる1日でしたが、会場はあったか、ほっこり、ゆる~りとウクレレなひとときでした♪

第一部 金沢ウクレレオーケストラのステージ
e0118827_11413337.jpg


金沢ウクレレオーケストラは2009年、芸術村ミュージック工房企画のイベントに出演するため、結成した企画バンドでしたが、翌年6月再結成し本格的に活動をはじめました。今年で2年目を迎え、総勢30人くらいにバックバンドを入れた豪華バージョンでウクレレざんまいのステージをお届けしました。
きよしこの夜、うたを入れてサンタクロースメドレーや上を向いて歩こう、エンターテイナー、第三の男など歌謡曲からジャズまで幅広いジャンルで演奏しました。

第二部
・福井のウクレレサークル楽音(ガクト)のステージ

e0118827_1143171.jpg


9月に開催された「UKULELE SUMMIT」でもご一緒させていただきましたが、もっと演奏を聴きたい!ということで、ゲストにお招きしてたっぷりと演奏していただきました。
楽音さんは完全にウクレレのみの演奏で、雪の華などの歌謡曲からジブリ音楽など演奏されました。中でも、ルバン三世のテーマはアレンジもとってもかっこよくて、面白かったですよ!

・フラスタジオ カリコのフラダンスステージ
e0118827_11433996.jpg


こちらも9月に開催された「UKULELE SUMMIT」でもご一緒させていただきましたが、優雅で華やかなフラダンス!
フラダンスは振り付け一つ一つに意味があって、手の動きや表情がとても素敵で、心が癒されるひとときでした。

第三部
・小杉奈緒バンドのステージ

e0118827_1273689.jpg

小杉奈緒さんは昨年に引き続きの出演です。透明感のある歌声は誰もが魅了されます。クリスマスソングと自身が作詞をした楽曲など披露しました。

そして、最後
もう一度金沢ウクレレオーケストラのステージ

e0118827_11445879.jpg


福井のガクトのみなさんにも参加いただいて演奏しました。ハワイアンの定番「ブルーハワイ」ではカリコのフラダンスにも入っていただきました。

e0118827_11421642.jpg


実は、今年もご多忙のところを北欧の方からサンタさんが駆け付けてくれて、LOVEではだみ声のスキャットを披露して会場は大変盛り上がりました。

金沢ウクレレオーケストラは来年度も芸術村から独立して活動を続けていきます。ウクレレを通じて、演奏することの楽しさや音楽に触れることの喜びをもっと広げていきたいと思います。初心者の方も1年もすれば立派に演奏できるようになる魅力的な楽器ウクレレ。もし、興味がある人は金沢ウクレレオーケストラの練習に遊びに来て下さいね。
http://ukuleleorch.jugem.jp/
[PR]

by artvillage | 2012-01-10 12:10 | ミュージック  

3工房合同企画 アートは地球を救う-Art in the eARTh-

12月18日に3工房合同企画「アートは地球を救う-ART in the eARTh-」をおこないました。

「手をとり、つなげる絆」というのをテーマに、アート工房のワークショップ、ドラマ工房の演劇、ミュージック工房の演奏が楽しめるという一日でした。

まずは舞台衣装家川口知美さんを講師にお招きし、子供を対象としたワークショップ「オリジナル国旗をつくろう」をおこないました。それは古着やいらなくなった布をリメイクしてミシンを使い自分たちの国旗を作るという内容です。

e0118827_16422673.jpg


グループに分かれてどんな国旗がカッコイイか考えて製作していきます。ミシンを使い始めた瞬間、子供たちの目は真剣そのもの、ミシンで絵を描く様な感覚に没頭し黙々と作業を続ける子供もいましたよ。
最後にはプレゼンテーション(簡単な説明)をしてみんなで記念撮影をしました。

e0118827_1643172.jpg

e0118827_16432997.jpg


また、ここで作られた国旗は夕方ドラマ工房Agクルーによる演劇「修学旅行」の劇中に小道具として使われるということになっていて子供たちもどんな劇になるのか楽しみな様子でした。

次に行われた演劇「修学旅行」(作:畑澤聖悟)では、Agクルーという50才以上のメンバーからなるグループが高校生役を演じるという内容で、演出家は高田伸一さん、衣装制作にはワークショップの川口知美さんにお願いしました。
アート工房という普段演劇を行わない場所での公演、50才以上のメンバーが高校生役を演じるということ、またカラフルだけれど統一感のある衣装、それぞれがとても良い具合に混ざり合いとても面白い演劇になりました。

e0118827_16441060.jpg


どこか違和感があるけれど、「うんうんあるある」という内容のストーリー、いつの間にか修学旅行の舞台の世界観に引き込まれます。
今回の公演をみて「私も参加したい!」と思った人もきっと多いはず。

e0118827_16442527.jpg


12月に入ってからは毎日練習を続けてきたというAgクルー、練習の成果が充分に発揮された内容だったのではないでしょうか。

e0118827_16443539.jpg


3月には「修学旅行」を金沢市立安江金箔工芸館で再演いたします、今回見逃したかたももう一度見たいという方もぜひご参加ください。
*詳しくは金沢市民芸術村までお問合せ下さい。

最後にはミュージック工房による「きぼうのうた」の演奏をおこないました。
「きぼうのうた」とはソングライターのGenさんが作曲したもので、みんなに笑顔になってほしい、音楽でみんなにパワーを届けたいという思いで作った曲です。
5つのグループやバンドによる「きぼうのうた」を演奏、ジャズやゴスペル、クラシックにいたるまでいろんなジャンルの音楽にアレンジされた「きぼうのうた」はとても同じ曲とは思えないくらい様々な表情を見せ、アレンジによりこんなにも雰囲気が変わるんだなととても感心させられました。

e0118827_16445732.jpg

e0118827_1645661.jpg


最後にGenさんとともに大合唱した「きぼうのうた」は今回のイベントのフィナーレにふさわしくその日のうちに曲を憶えたお客さんも一緒に口ずさみ、とても楽しい雰囲気でイベントを締めくくることができました。

e0118827_16452218.jpg



文 アート工房ディレクター:前伊知郎  写真:ハヤシハジメ 中林義博
[PR]

by artvillage | 2012-01-08 16:47 | アート