<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

「ヒマジン」

Co.山田うん×うんダンスぷらうる
ダンス公演「ヒマジン」は7月18日(月祝)14:00〜15:15 アート工房にて100人以上の観客を集め大入満員で無事終了しました。本当にありがとうございました。

山田うんさんのワークショップin芸術村で発足したダンスカンパニー”うんダンスぷらうる”は2006年から徐々に人数が増えて現在20代〜60代のさまざまなジャンルのメンバー約20名です。今回18名が参加しました。うんさんのカンパニーからは、うんさんの他2名が参加してくれました。
e0118827_2138422.jpg
e0118827_21381753.jpg
e0118827_21374667.jpg

以下は、初参加メンバー2人からの感想です。

今年の5月に芸術村のチラシを見つけ一般ワークショップに参加して、その後『うんダンスぷらうる』に加わらさせて頂きました。
私は子供の頃からミュージカルや演劇をやっていて表現することが好きでした。高校の時にコンテンポラリーダンスに出会いやり始めたのですが、家の事情で踊ることが出来なくなりました。
その後、高校卒業と同時に東京に行きダンスをしていましたが自分を追い込み過ぎたためにチャンスを目の前にして身体も精神も壊してしまいました。
どうしていつも頑張れば頑張る程踊れなくなっていくんだろう?どうして?なんで?
一年以上踊れなくて踊る場所さえなくて何も見たくなくて考えて悩んで怖くて情けなくて自分を責めてもうやめようって独りになって苦しかった。
金沢に来て、偶然チラシを見付けた時も迷いました。一度踊ってしまうともっと踊りたくなってしまうから。
でもワークショップに参加して山田うんさんの踊りや言葉から出るエネルギーに圧倒されました。そして何より、『うんダンスぷらうる』のメンバー皆さんに出会えて良かった。年齢も仕事もダンス経験もバラバラなのにみんな『やりたくてやっている』。そんなメンバーを見て、私も1番大切な事に気付くことができました。『踊りたいから踊る』。
e0118827_21434468.jpg

今回の公演は私にとって始めてだったので分からない事だらけだったのですが、ぷらうるのメンバー皆さんが色々教えてくれて、話しかけてくれて嬉しかったです。純粋に人と関わりながら踊る楽しさを久しぶりに感じる事ができました。
また、山田うんさんのダンスカンパニーのダンサーさんと同じ空間で踊ることが出来て本当に勉強になりました。
と同時にもう一度初心に戻って自分の目標に向かって進んで行きたいです。まだ諦められないから自分の納得できるところまで目指していきたいです。
そして『うんダンスぷらうる』を盛り上げていきたいです。
今回、『ヒマジン』という公演に出演させて頂けて『うんダンスぷらうる』に参加することができて私は幸せです!!ホントに感謝感謝です!!    南 千尋
e0118827_2144961.jpg

e0118827_21445556.jpg


忙中閑あり 〜けっしてヒマでは無かったヒマジン〜

いろいろ稽古スケジュール面でご迷惑をおかけしましたが、でもまぁ 面白かったと思います。
e0118827_21473824.jpg

 東京から参加の“じょこぴー”さんと“ロン”さんのダンサーとしての技術とプライドの高さも感じましたね。同じく“怪優”小菅氏の驚異の身体能力と、その優しさ故クール過ぎる関東ツッコミも。
e0118827_21481691.jpg

実は、ひょっとしたら「自由」になれるかも知れないと思い参加したのですが、結果としてはやはり不自由でしたか・・・というか、自分、トシだよね。動かないねぇ、身体。覚えられないねぇ、フリつけ。しかしまぁ疲れた!。その後「二日」はドロのようでしたね(笑)。
e0118827_21484762.jpg

 本番前のうんさんの言葉「ゲネでは7割くらいにしておき、本番時に余力を残しておく」というのはわかるんだけど・・・。踊る阿呆に見る阿呆同じ阿保なら踊らにゃソンソン的な自由な感じにのせられて、なかなかそうはいかず・・・無茶をしてしまいました。
e0118827_21492192.jpg

 この5月の「天守物語」、6月の「畑澤聖悟戯曲講座リーディング発表会」とも通じた感じがしたことがあります。こういう半官半民のイベントにはあった方がいい主催者側と参加者相互の「節度ある距離感」が担保されていたこと。これは良かったと思います。一時期の「金を取ってきた人間とその取り巻き」だけが「超・前のめり」になり、参加者は「出汁」もしくは「隷属者」扱いされているようにみえる感じはなりを潜めたように見えます。従って予算もない分(ま、予算の執行の様子をチェックできるとより良いのですが・・・財団の予算ってブラックボックス&アンタッチャブルなんでしたっけ?)、良くも悪くも落ち着きを取り戻し、その安心感のある活動をベースに、参加者としては「悪のり」にも挑戦させてもらえたところが結果的に良い成果につながっていると思いました。
e0118827_2149512.jpg
 
 さてショーそのものは、尺も75分と充分なボリュームになり、後は内容勝負となるわけですが、振り付けでみせる時間や、偶発性、即興性で演者にお任せしてしまう時間など、うんさんの全体を俯瞰するセンスも冴え渡り、お好みの方にはたまらない!そうでない方にもそれなりに…時間と場を感じて、心を遊ばせていただけたのではないかと思います。
e0118827_21501380.jpg

e0118827_21505927.jpg

 アート工房という変則的な場のもつおもしろさ。費用対効果の高い照明効果。音響、選曲の妙。衣装のセンスと、どれをとっても2000円の価値はあったと思います。
 が、それが本番ギリギリにならないと見えてこないというのが・・・売りにくい!(すみませぬ・・・)。
 まぁ、ホントのところ、お客様にどう見えたかは自分には全くわかりません。たぶんビデオを見ても何が何だかわからないんだろうなぁと思ったりしています。
 内なる感覚に目を向けながらも外にアンテナをあげ、身体を動かしていくのはなかなか骨が折れます。 そうはいっても動かないなりにそれがうまく噛み合った気(あくまで自分の感覚)がすると気分が良い。自分的には……こういうのがいいのかな?と、思うことにしています。
--------------------------------

 話は公演の少し前のこと。
 ”うんダンスぷらうる”とは別の、ある小学校でのうんさんワークショップの話を少し。

 身体を壊すくらいに小学校でダンスコミュニケーションワークするうんさんの強いモチベーションとパッションは一見に値する、と思い、ワークショップ中日(なかび)にお邪魔させていただきました。
 百聞は一見にしかず、聞きしに勝る火の玉ぶり。
 真夏の体育館で1時間半フルパワーで40人クラスを 丸ごと相手にして踊る!引っ張る!。子供たちも解放感いっぱいで踊ってるし…「脱水にもなるわ、こりゃ」と納得した次第。
 このワークを通じて「踊る」ことは「いいことだ」ということを、どうにかして伝えたいという、うんさんの「気」を感じました。これはうんさんが”うんダンスぷらうる”に接する時にも共通しています。帰り際、子供たちに声を掛けてもらったりしたときの幸せな感じは、ああ、この子たちもあの時間は幸せに踊れたんだなと、納得する瞬間でした。
 自分的には本番じゃバテちゃって見通しがきかなくて対応できなかったことがたくさんあったので・・・正直いうと練習の時の方が楽しかったかな。  高田 伸一

写真:ハヤシハジメ   byドラマ工房 ポラリス 北出 まり子 
[PR]

by artvillage | 2011-07-31 21:59 | ドラマ  

第2回 ジュニア・クラブ その2

 先生のアドバイスを聞いた後、4つのグループに分かれて練習をしました。そして練習の成果をみんなの前で披露しました。私たちが驚くほど、それぞれのグループが工夫を凝らしていて頼もしかったです。
e0118827_1082534.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-07-23 11:10 | ドラマ  

第2回 ジュニアクラブ その1

 最初に、アクションゲームをしたりストレッチをしたりして、楽しい雰囲気で始まりました。
第1回で練習した「きつつきの商売」を1人数行ずつ読み、個々に先生のアドバイスをもらいました。
e0118827_10175895.jpg
e0118827_10203364.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-07-23 11:10  

第2回ジュニア・クラブ その3

 最後に、町出先生が心をこめて「三年とうげ」という絵本を読み聞かせてくださいました。
先生の語り口調に引き込まれて、子ども達は、うっとりと聞き入っていました。
会場で聞いておられた保護者の方々からも、「とてもとても素敵でした」という声が寄せられました。
毎回のように、先生の語りを聞くことで、さらにセンスを磨いていってくれるものと期待しています。
e0118827_1005223.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-07-23 11:07 | ドラマ  

「百万人のキャンドルナイトin金沢市民芸術村」

6月22日(火)夏至の日に「百万人のキャンドルナイトin金沢市民芸術村」
が開かれました。

今年はアートアンツで製作したローソク700本とキャンドルZENさんによる持ち込みキャンドルが200本、また「石川の石を彫ろう、石の会」の方々に作っていただいた石行灯にもロウソクが灯され、合計1000個ほどのキャンドルが芸術村の夜を彩りました。

e0118827_8311268.jpg


今年は雨天ということもあり、各催し物はアート工房PIT5で行われました。
サポートキッズによる演劇公演、小杉奈緒バンドによる演奏、そして100(いまるまる)のコンテンポラリーダンスに会場はとても盛り上がりましたよ。

e0118827_8322060.jpg


e0118827_8324490.jpg


e0118827_83316.jpg


会場いっぱいにご来場いただいた方はのべ1000人を超え、幻想的な風景や演出にカメラで記念撮影される方も多かったです。

来年度もキャンドルナイトは行う予定ですので、また是非ご参加くださいませ。
[PR]

by artvillage | 2011-07-16 08:35 | アート  

ヒマジン Co.山田うん×うんダンスぷらうる

今週12日より山田うんさん金沢入り!
本日稽古3日目です。
まだまだこれからどうなっていくのか☆
衣装も身につけ、白いアート工房が彩られていきます。
衣装協力は5月の俳優ゼミ【修了公演】「天守物語」でもお世話になった川口さん(^^)
久しぶりの再会にちょっとはしゃいでしまいました。
本当にいよいよという感じ。

チケットは限定100枚!
皆さんお早めにゲットだよ~♪
1ステージのみなので、見逃すともう二度と出会えない!?

「ヒマジン」 Co.山田うん×うんダンスぷらうる

日時:2011年7月18日(月・祝)
   14:00開演(13:30開場)
会場:アート工房
料金:前売2000円 当日2500円

http://topix.incl.ne.jp/gei1/index.php?flg=topics&sflg=495&ssflg=2&page=1

記録・金山D
[PR]

by artvillage | 2011-07-14 21:06 | ドラマ  

Agクルー講座 その1

Agクルー講座の前半は、様々なストレッチ法を教えていただきました。「頭のてっぺんが天井からつられているようなイメージで…」「はい、今度は足の裏に神経を集中させて。体重を回転移動させます…」
講師高田伸一氏の指導は、とても具体的で、まるで魔術師にあやつられているかのような気分で、ストレッチに夢中になっていました。
e0118827_0364537.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-07-12 11:35 | ドラマ  

Agクルー講座 その2

今年初参加の方が5名もいらっしゃるので、Agクルー講座に新しい風が吹いています。とてもいい感じ!
講師は高田伸一氏。演劇界の重鎮です。この写真は、「基本的な発声法」について具体的に指導していただいているところです。
e0118827_026295.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-07-12 11:31 | ドラマ  

Agクルー講座 その3

12月中旬に開催される「3工房合同企画」に、Agクルーがドラマ工房の代表として参加することになりました。全力で応援したいです。
後半、講師の高田伸一さんが準備してくださった「修学旅行」という劇の台本の読み合わせをしました。初めて台本を手にしたとは思えないほど、役になりきっている方が多く、お芝居の世界に引き込まれてしまいました。
ドラマ工房ディレクター長井珠子
e0118827_0181160.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-07-12 11:30 | ドラマ  

新規事業 ジュニア・クラブ開講

平成23年7月9日(土)
 新規事業「ジュニア・クラブ」が開講しました。
 文科省も推奨している音声表現力の育成をめざして、子ども達を育てていきます。
 キーワードは「朗読から群読、そしてドラマティックリーディング」で、1人1人のお子様の表現力を少しずつレベルアップしていきたいと思っています。
 通年講師は、町出憲子先生です。国語の指導、中でも読み聞かせや音読指導が得意で、心温かな先生です。長年、小学校教育に携わってこられた先生のご指導を受けることで、子ども達が着実に向上していくと期待しています。

 
e0118827_2372898.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-07-09 23:30 | ドラマ