<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

キャンドルプロジェクト2010「オリジナルキャンドルをつくろう!」

6月5日10:00〜12:00、13:30〜15:30にアート工房にて、キャンドルプロジェクト2010「オリジナルキャンドルをつくろう!」が開催されました。
e0118827_176510.jpg
 6/21(月)の「百万人のキャンドルナイトin金沢市民芸術村」に向けて、手づくりのキャンドルを作るワークショップです。
 不用になったろうそくを再生してのキャンドルづくりは、環境をテーマとした「キャンドルナイト」にふさわしい企画だと思います。
e0118827_1710239.jpg
 


 アートアンツスタッフ北出さん、金山さんが講師・指導にあたり、午前・午後の2回開催しました。






e0118827_17114650.jpg
 


 キャンドル作りの説明を受けた後、制作を行います。ねんどで各々が好きなように型を作り、ろうそくの芯を取り付けた後、温めた色付のろうを流し込み、冷まして固まったら型から取り出し完成です。



e0118827_1713638.jpg
 


 後片付けのあと、作品を持って行ってもらい終了です。いろいろな形でカラフルなキャンドルができたので、参加者からたいへん好評でした。





e0118827_17152297.jpg
e0118827_17154233.jpg











e0118827_17144180.jpg
 このワークショップに参加した方が一人でも多く、21日のキャンドルナイトへ参加してもらえたらと思います。また少しでも環境について考えるきっかけになれば幸いです。
 最後に、ワークショップやキャンドル作りをお手伝いしていただいたアートアンツの皆様ありがとうございました。


          
                 アート工房ディレクター 渡辺秀亮
[PR]

by artvillage | 2010-06-28 17:02 | アート  

キッズ☆クルー活動報告

キッズの活動も3回目…になりました
今日も子ども達は元気いっぱいでした。

午前中のコミ班(コミュニケーション班の略)は今日もワーク三昧の半日でした。
イメージ表現のワークでは、3チームに分かれて与えられたお題をチーム全員で作ってました。
このお題…「夏といえば・・・」なんですけど・・・

e0118827_22571625.jpg


わかりますか…?

e0118827_22581490.jpg


答えは…スイカ割り

次は、「いらっしゃいませ」のセリフを付けて1枚の写真を作りました。
e0118827_234567.jpg

作戦会議をして
e0118827_2314385.jpg

みんなで表現しました。これは…ファミレスの1場面です。
ちょっと、分かりにくい…かもしれませんが…ムービーでお見せできないのが残念。


みんな自分がやってみたいもの、アイデアを出し、チームで話合いひとつの場面を作り上げます。


子どもの発想は豊かでおもしろい!投げて受け取るところを丁寧に…。
自分の事ばかりじゃなく、受ける相手の事を考えてなげるように。
…と講師のみっちょこ、前ちゃんは話していました。


午後は、ドラマ班の時間です。

ドラマ班は、自分達でアイテムを5こ探してきて、決められた行動、セリフを3つずつもらい、
それらすべてを使い作品を作り上げました。
e0118827_23353776.jpg

e0118827_23365234.jpg

ここでも作戦会議
お題の数多いし、ストーリーの組み立ても子ども達で考えます。
e0118827_23414036.jpg
e0118827_23421839.jpg


お題の1例…
アイテム…サンダル、シャーペン、ストラップ、洗剤、空
セリフ…助けて、足、痛いの、気持ちいい
行動…手をあげる、歌を歌う

これでお話を作り上げるんです。


子ども達は、身近な生活の中の気になっている部分が、具体的に作品に表れている気がする。
そこに、メルヘン的、社会的な要素が感じられた…と講師のよっちゃんとみっちゃんは
振り返って話していました。


本当に、子ども達は毎回元気に楽しそうに活動しています。
そして、もうすぐみんなが楽しみにしている合宿もあります。

これからも…楽しい活動報告ができるよう…私も頑張りたいと思います。

今回…うまく写真が載せられてよかった…。


                        少しずつ進歩したいふくちゃんでした。  
[PR]

by artvillage | 2010-06-27 00:12 | ドラマ  

和楽器の魅力シリーズ第二弾 “横笛”

6月4日(金)和楽器の魅力を身近に感じてもらえる機会を作り、県内で活動している和楽器演奏家を紹介していくイベントを行いました。第二弾として「横笛」を取りあげました。


e0118827_2332227.jpg

今回は横笛の演奏者として地元金沢で活躍されている藤舎眞衣さん、藤舎さんのお弟子さんの藤舎良眞有さん、


e0118827_23233578.jpg

東京から賛助出演として鼓・和太鼓奏者の望月太左衛さんを迎え、


e0118827_23254944.jpg

さらにクラシックのハープ奏者の上田智子さん(金沢出身)にもお手伝い頂き、横笛の魅力を伝える演奏やトークをして頂きました。


前半は~四季~というテーマで朗読が入り、和の王道と言えるような奥深さを感じる演奏を聴かせて頂きました。

<曲目>
道成寺(春)
山藤(夏)
猩々(秋)
鷺娘(冬)

e0118827_23263320.jpg
e0118827_23264199.jpg
e0118827_23265165.jpg
e0118827_2327058.jpg

笛と鼓・太鼓、横笛独奏、横笛の二重奏、横笛二本と鼓・太鼓の編成で展開。
藤舎眞衣さんの凛とした笛の音色と、それをさらに引き立てるように望月太左衛さんから発せられる鼓・太鼓の音や声(合いの手)が空間を引き裂き、お客さんも吸い込まれるような感じで聴いていたのではないでしょうか。


e0118827_23273626.jpg


e0118827_23285329.jpg後半は上田智子さんも交えて三人でまずはトークがあり、西洋の譜面と和楽器用の譜面(符号?)の違いや笛の種類(大きさなど)、奏法、いろいろな調の管がある事などを丁寧に説明して頂きました。

そして、新しい試みとして滅多に聴く事ができない横笛とハープとのコラボレーション演奏をして頂きました。

<曲目>
歌の翼に
アヴェ・マリヤ
はなわらべ

e0118827_23292353.jpg
e0118827_23293286.jpg

西洋楽器のハープと和楽器である横笛は相性も良く自然な感じで耳に入ってきました。
お客さんからも大きな拍手をいただき、3曲ものアンコール演奏でイベントは終了。
e0118827_2329484.jpg



今回の第二弾はとても緊張感のある舞台になりました。

藤舎さん、望月さん、上田さんの舞台に立つ姿勢や人柄に感謝・感心しつつ楽しませて頂きました。


第三弾は全く白紙ですが、また良い巡り会いがあればやりたいですね。

ミュージック工房ディレクター 新谷美樹夫
[PR]

by artvillage | 2010-06-16 23:42 | ミュージック  

舞台技術養成講座(照明編)

舞台技術養成講座、第2週は照明講座です。

ドラマ工房は市民が安全にかつ自由に機材を使用するために、年2回、舞台技術養成講座を行っています。
養成講座を受講して技術認定証をもらえば、プロスタッフの手を借りることなく音響や照明の機材を扱うことができます。
しかし、裏を返せば万が一の場合には責任が伴うわけで、そういう意味でもしっかりと講習を受けていただくことが必要となります。

照明講座の講師は宮向隆さん。

e0118827_17465231.jpg




そのクールな容貌とわかりやすく的確な語り口で、受講生からもいつも大人気です。


まずは照明機材に実際に触れてみることから始まります。

e0118827_17494224.jpg

えーっと。。。



e0118827_17502025.jpg


なるほど!



電球の交換の方法などもきっちりと教わりました。

ひとつひとつ灯体ごとの特徴や光のつき方なども実際につけてみて触ってみて理解していきます。このあたりは3日間という時間をかけて(それでも短いですけどね)講座を行っている良さかもしれません。



そしていよいよ受講生が実際にバトンを下ろし、灯体を吊っていきます。

e0118827_1759053.jpg

綱元は怖いけど注意して・・・
とりゃ!



e0118827_1759289.jpg

灯体を吊ります。
チェーンも忘れずにかけます。




e0118827_1803189.jpg

せっかくだから色も入れよう!




e0118827_182660.jpg

緊張の一瞬!





実際に吊ってみて、つけてみて、体験しながら学びあっていきます。

今回の講習では県外からの参加や高校生の参加もあり、これからが楽しみです。


ドラマ工房ディレクター 井口時次郎
[PR]

by artvillage | 2010-06-13 19:25 | ドラマ  

キッズ☆クルー始動

キッズ☆クルーの活動が本格的に始まりました。
午前中のコミ班は、初めて参加する子ども達が多いのでお互いを分かり合う為に
思いっきり遊んでみました。(毎回・・・遊ぶんですが・・・)

今日も物語のシーンを2枚の絵にして表現するワークショップをしました。
白雪姫を担当したチームでは・・・王子様がお姫様にキスするシーンをリアルに再現
してくれたので(ホントにちゅーした訳じゃないですよ)ビックリするやら・・・笑うやら・・・。
これからが毎回楽しみです。

午後からは、ドラマ班です。ドラマ班の子ども達はワークショップのベテラン揃い!
この日も…だるまさんがころんだ!…など遊んだ後、お芝居のワークをしていました。
二人一組に分かれて、決まったセリフにそれぞれがシチュエーションと最後のセリフを考えて発表する…
というワークです。
さすが!!みんな話を上手にまとめてひとつの作品に仕上げていました。

まだまだみんな声が出ないのでセリフを使ってストーリー作りをするワークをしてみました。
イメージは湧いてくるけど表現するのが難しそう…。
表現するのが楽しくなればいいなぁ……と講師のよっちゃんは言ってました。


私は…パソコン苦手…ブログも苦手…ですが…
キッズ☆クルーのブログ更新頑張ります……キッズの子ども達に負けないように。


次回からは活動写真も載せてみたいです。

みんな…一緒に頑張るぞー!!         
                               制作も頑張り中 ふくちゃんでした。
[PR]

by artvillage | 2010-06-12 15:08 | ドラマ  

Ag(シルバー)クルー開講!

おととい(8日)、22年度Agクルーの開講式が行われました。

Ag(シルバー)クルーとは、50歳以上の方を主な対象とし、演劇的なワークショップを行うことで、人と人のつながりや自己表現、なにより「生き生きと生きる」ことを楽しむ講座です。

しかし、そうはいってもメンバーの皆さんは真剣に演劇に取り組んでいます。
これまでにも、テネシーウイリアムスの短編作品の上演や藤沢周平の小説の朗読など、クオリティの高い作品作りを目標にがんばってきました。
そして今年度も2月にドラマ工房で公演を予定しています。

さて。
そんな第5期Agクルーの開講式です。

まずは村長によるごあいさつ。

e0118827_21384346.jpg




今年度もがんばるぞ!と決意を新たにしたところです。

そして講師は東千恵さん(K-CAT)。
すいません、写真を撮ったのですがなぜかピントが。。。
カメラマンのピントがずれているのか!?



それはさておき。

第1回の講座から早速、コミュニケーションワークショップの開始です。

e0118827_21431895.jpg



これは「おおきなちょうちん ちいさなちょうちん」というゲームです。
手で「大きなちょうちん」のポーズを作りながら口では「小さなちょうちん」と言う。
逆に、「小さなちょうちん」のポーズの時には「大きなちょうちん」と言わなければなりません。

簡単なようで意外と難しいっっ。
思わず口と手がいっしょになってしまうことたびたびです。

でも、失敗OK。
いっしょうけんめいやってるとこれが楽しいんですよ。
「失敗すまい!」と真剣になって、それでも失敗して「ありゃりゃ」となる。そこが人間らしいというか、その人の性格がにじみ出て、一気に仲良くなれる気がします。

第一、みなさん爆笑です。

e0118827_21434526.jpg




楽しみながら、それでも少しずつでも確実にみなさんうまくなっていくのを横で観ているだけで「人間ってすげーな」みたいな気がしてきます。参加しているみなさん一人ひとりがとても魅力的に見えてきます。


次は台本を使った稽古です。

e0118827_2151115.jpg



e0118827_21514748.jpg



みなさん、昨年度から継続の方も多く、台本を使った稽古となると目の輝きが違います。
もう、真剣そのもの。
アドリブも入れながら、どんどん作品が創られていきます。


初回からかなり熱の入った稽古となりました。
これからがますます楽しみです!


最後に、Agクルーでは新メンバーを随時募集中です。
一緒に「お芝居やってみようかな」と思った方は、経験不問です。どしどし芸術村までお問い合わせください!


ドラマ工房ディレクター 井口時次郎
[PR]

by artvillage | 2010-06-10 21:52 | ドラマ  

ふだん着ティータイムコンサート vol.13

5月16日(日)青空広がる気持ちのよい天気に恵まれ、今年で13回目を迎える「ふだん着ティータイムコンサート」が開催されました。

このコンサートはクラシック音楽をもっと身近に感じてもらう事を目的に、今年で13回目を迎えるプログラムです。開村して以来毎年開催されています。
今年もこの日を楽しみにして来た子供から大人まで400人もの人でいっぱいになりました。
e0118827_21335642.jpg

はじめは「子どものためのコンサート」でした。芸術村のオープンスペースの開放的な雰囲気の中でオーケストラアンサンブル金沢のメンバーがふだん着姿で並び演奏を始めました♪クラシックのステージというとタキシードやドレス姿でビシッと厳かなイメージですが、ふだん着のアットホームな感じで身近で聴くクラシックもよいものです。
「プリンクプレンクプランク」では、弦楽器が弦をはじきながら奏する奏法(ピッチカート)や楽器をこする音などが曲に出てきて、みんな弦楽器に釘付けになっていました。
e0118827_21341717.jpg
また、壊れた時計をイメージさせるパーカッションが活躍する曲「シンコペーテッド・クロック」やトランペットが美しい旋律を奏でる「トランペット吹きの子守唄」、みんなが大好きな「さんぽ」や「てのひらを太陽に」など耳馴染みな曲や聴いてて楽しくなる曲がたくさん演奏されました。

e0118827_2146640.jpgそして、毎年恒例でもある1分間指揮者コーナーでは会場の子供達が指揮者となりオーケストラの指揮をとりました。子供達は「運命」などの曲に挑戦しました。普段聴いたことのない曲でも一生懸命タクトを振りかざす子供達の姿をみて将来有望だな~と感心してしまいました。



その後、ミュージック工房に場所を移し小編成の「室内楽コンサート」が行われました。
オーケストラ団員の皆さんがいろんな編成で曲を披露しました。
e0118827_2136785.jpg

会場でクラシック聴いている時間はゆっくり流れて、終わってみればなにか清々しい気持ちというか心がきれいに豊かになった感じでした。いい音楽に触れるということはこういうことなのかなーと。

オーケストラアンサンブル金沢の団員の皆さんによる自主的な企画運営で芸術村で無料のコンサートが開催されるのはとても素晴らしく思います。ミュージック工房もサポートさせていただきましたが、団員の皆さんとも交流できてこれからもいい関係を続けていきたいと思いました。
e0118827_21362094.jpg

最後にスタッフとしてお手伝いしてくれたオーケストラアンサンブル金沢の学芸員の皆さん、K-CUBICの皆さんありがとうございました。

ディレクター 藤本美和
[PR]

by artvillage | 2010-06-09 21:43 | ミュージック  

舞台技術養成講座(音響編)

毎年恒例の舞台技術養成講座が今年も始まりました。

ドラマ工房は市民が安全にかつ自由に機材を使用するために、年2回、舞台技術養成講座を行っています。
養成講座を受講して技術認定証をもらえば、プロスタッフの手を借りることなく音響や照明の機材を扱うことができます。
しかし、裏を返せば万が一の場合には責任が伴うわけで、そういう意味でもしっかりと講習を受けていただくことが必要となります。

さて、第1週目は音響が中心です。

講師は吉村建彦さん。
本当に基礎的なことから、かと思えばひそかなスーパーテクニックまで丁寧に指導してくださいました。

e0118827_2122580.jpg



受講者の皆さんのアタマの上に「なるほど!」の文字がいっぱい飛んでいました。



続いてこちらは「8の字巻き」。

e0118827_21245479.jpg

とりゃ!



長いケーブルを巻く際に、からまってしまわないようにひと巻きごとに巻き方を逆にしていくテクニックなんですけど、初めてだとなかなか難しいのです。あれ?からまってしまった・・・みたいな。

そしていよいよ音響卓の操作にトライ。

e0118827_21263167.jpg

むむむ・・・
ツマミがいっぱい。。。




ドラマ工房は使う人が学びあい、育てあう場所です。
新規に受講された皆さんは、これからいっしょにドラマ工房を使う仲間です。
ステキな舞台を創れるといいですね!


来週は照明講座となります。



ドラマ工房ディレクター 井口時次郎
[PR]

by artvillage | 2010-06-04 23:01 | ドラマ