<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

BALANCA Live報告っ!!

今夏最後のイベントが終わりました!

9月になりましたねぇ。。。
朝夕と、急に寒くなりました。気温の差に体がついていかない今日この頃(-_-;)


さて、以前こちらで宣伝させていただいた「バランサ☆ライブ~みんな、サンバれっ~」が
大盛況のうち終わりました!!(^-^)v

正直に言いますと、前日まで「チケットが全然売れてないっっ(汗)」とかなり心配もしていました。
がしかしっ
いざフタを開けてみると・・・
「準備してた客席数じゃ足りない!」「踊るスペースが狭い!!」等々
予想を遥かに超えたお客さんの数でした。
私たちスタッフ一同、ホッとするやらアワアワするやら嬉しいやら。

本番が始まる前から、客入れBGMに合わせて踊っているノリノリ♪ブラジル人カップルもいましたよ。
この時点で楽しんでもらっているのが嬉しかったです。

ついに登場!バランサです!!
e0118827_19374027.jpg

サンバといえば、「リオのカーニバル」のハデハデな音楽しかイメージがなかったのですが、バランサが演奏する音楽はそんなにハデハデではありません。
それでいて、楽しくて思わず体が動いてしまうような。。。
演奏している本人達がものすご~く楽しそうなんです。ニッコニコな顔で歌うんですよ。
e0118827_19375180.jpg

見ている方もつられて笑顔になりますよね。(*^-^*)
心躍る、体踊る、そんな感じのバランサなんです。(どんな感じだ!?)

最初は手を叩きながら見ているだけのお客さんも1部の後半にはウズウズしだして、2部では踊る踊る♪
アンコールの時にはお客さんの3/4人が立って踊ってましたね。
お客さんの多くが「サンバって初めてだったけど楽しかった!」とか「こんなサンバもあるんだ」って言いながら喜んで帰ってくれたようです。よかった、よかった。

外のオープンスペースではサービスのドリンクも好評で、スタッフもてんてこ舞いだったみたいです。
e0118827_19334833.jpge0118827_1934420.jpg
前日(?)明け方3時までノンアルコールカクテルを試行錯誤して作った甲斐がありました(笑)

打ち上げでは、バランサのみなさんからも喜んでもらえた旨を聞かされて、とても嬉しかったです。
金沢の人に忘れられないうちにまたライブをしに来たい!とまで言ってくださいました。年明け、2~3月を目標に。。。
楽しみですね~
今度は、スタッフとしてではなく、お客としてライブを満喫したいと思うのでした!


最後になりましたが。

選挙日にもかかわらず、24時間テレビの日にもかかわらず、芸術村まで足を運んでくださった皆様。
前日の浅草カーニバルから休む間もなく金沢へ、明け方3時半に現地入りして(!)会場を沸かせてくれたバランサさん。
5月からの企画・準備、そして前日の仕込み、本番当日と、裏方として走り回ってくれたスタッフの皆さん。

この場を借りてお礼申し上げます。m(_ _)m
ありがとうございました!!!!

e0118827_19345248.jpg
みんながいたからこそ、ライブが成功したのです。

もちろん、
反省点も沢山ありますよ。
広報の大変さ、広報の大変さ、広報の大変さ.....
改めて身にしみて感じました。
これらの反省をバネに次回、また楽しいライブを企画したいと思います!

こうご期待っっ(.....なんて言っちゃっていいのかなぁ?)
[PR]

by artvillage | 2009-09-27 19:38 | ミュージック  

第3回実践的制作講座

26日(土)17~20時研修室にて「第3回実践的制作講座」開催されました。
もう3回ともなると少しくだけた雰囲気です。
e0118827_13144090.jpg

制作講座なので毎回写真の雰囲気に代わり映えがないのですが・・・

今回の内容は「練習が始まるくらいから」~「練習が本格的になって」
制作の一番のポイント『情宣』についてが話の中心でした。
仮チラシは作ったほうがよいということ。キャッチコピーは載せるべきだということ。枚数は多めに刷ったほうがほうがよいということ。あらすじはどこまで載せると効果的か。チラシの効果的な配布時期は。校正における適正人数は。HPのブログのありかた。チケットの販売委託の効果。手売りと委託販売の比率における動員数の推移。招待について。DMの効果的な発送。新聞・フリーペーパーへの対応。
・・・などなど。
やはりここは制作の山場なので、受講者からも質問などが飛び交います。これも第3回目という空気の賜物でしょうか。

制作はこれらを行いながら、稽古の進行状況も見極め、動員を確保していかねばなりません。
いなくてもできる劇団といないと困る劇団。
制作の仕事量に比例してその劇団が何を目指すのかが明確になっていくのではと思いました。
大前提として「よい作品」を提供できる団体であるといことは言うまでもなくのこととしての話です。
そうでなければいくら「宣伝」しても「招待」しても観客は増えていかないですものね。

今回の講座では集客についての話にも触れました。
金沢にはすべての「演劇公演」を網羅できるサイトがないねと。
むむ、確かにそうだなぁ。
知らないだけだったらごめんなさい。
一般のお客さんがいちいち各劇団のHPに行って公演をチェックするなんてことはしないそうで。
そりゃそうです。
とにかく金沢の劇団のみなさん「こりっち舞台芸術」に登録しましょう!
劇団員ならだれでも登録できるそうです。
ここに登録することで社会に開かれている劇団と認識してもらう第1歩とし、一般のお客様の1人でも多くに目にとまるようになろうではありませんか!

※「こりっち」とは今観られる面白いお薦めステージが分かるクチコミ参加型の舞台芸術ポータルです。全国を網羅しており、地域別検索も可能なサイトです。

記録:金山古都美
[PR]

by artvillage | 2009-09-27 14:08 | ドラマ  

「人形を作って人形劇をやろう!!」

 8/22〜25、8/30の5日間、「人形を作って人形劇をやろう!!」のワークショップが開催されました。
e0118827_16345956.jpg
 e0118827_16362797.jpg
 
 このワークショップは今年度の夏休み子どもワークショップの新しい試みとして、企画いたしましたが、夏休みの終盤5日間続けての開催ということもあって、応募数も少なかったのですが、結果5名の子ども達が参加してくれました。
 

 22日にはまず、脚本を皆で読み合わせて誰がどの人形を制作するか決めた後、それぞれ人形制作に取りかかりました。
e0118827_16405566.jpg
e0118827_16412582.jpg








 
 講師の造形家、新保裕氏の見本を参考に4日間で何とか完成!!!

 人形づくりと合わせての本読み、そして録音作業と回を重ねるごとに盛り上がっていきました。
e0118827_16443375.jpg




 平行して、舞台制作、大道具、小道具も徐々に出来上がり、どんな劇になるのか?皆わくわくドキドキでした。(スタッフも)



 
 30日上演の当日は、皆に予定時間より2時間前に入ってもらい通し稽古開始!!!
 演出の井口氏(ドラマ工房ディレクター)の指導のもと、皆頑張って人形を動かしていました。
開演4:00前には、子ども達とスタッフで芸術村内を人形を持って宣伝「4:00からはじまるよ〜!」の効果もあってか、大人、子ども合わせて60名の皆さんが見に来てくださいました。
e0118827_16461027.jpg

e0118827_16462361.jpg

e0118827_16463467.jpg


 練習時間も少なく、どうなるかと思っていたのですが本当に楽しい人形劇になりました。
 後日録画した映像を見たのですが、NHKでやっているぐらい!?なかなか良い仕上がりになっていたように思います。(一部失敗もありましたが)関わっていただいた講師の新保氏、脚本演出の井口氏はじめスタッフの皆さん、本当に有り難うございました。
e0118827_1647136.jpg

 今回のワークショップは制作するだけではなく、それを使って楽しむ、遊ぶことまで含めたワークショップです。人形づくりから劇づくりまで、どうなるかわからない中で、皆で作りあげていくプロセスはその日その日に驚きと喜びがあり、本当に楽しいワークショップでした。
 人形劇プロジェクト!来年度も是非やってみたいと思います。

                         文・アート工房ディレクター 戸出雅彦
                        写真、構成・アート工房ディレクター 渡辺秀亮
[PR]

by artvillage | 2009-09-02 16:49 | アート  

「アートなかかしづくり」

2009年8月29日(土)に、金沢市山科町にある田んぼにアートアンツで作った“かかし”を設置してきました。
e0118827_19404911.jpg

これは、(特)いしかわ市民活動ネットワーキングセンター(i-ねっと)の青海康男さんのご紹介で行った企画です。
富樫児童館の子どもたちが、NPO法人一歩一歩楽園という、三世代交流を目的とした、団塊世代の方々の団体と5月15日に、田んぼで田植えをしました。
 大勢の子どもが田んぼの泥で大騒ぎだったそうです。
 やがて穂が実ると「かかし」が必要かもね、などの話もでて、富樫児童館の子どもたちにかかしの絵を描いてもらい、それにアートなアイデアを盛り込んで、ワークショップでかかしを子どもたちにつくってもらい、自分たちの植えた田んぼに飾るという企画でした。

e0118827_1942125.jpg
 

 富樫児童館の子どもたちから40枚位の「かかしの絵」がとどきました。創作意欲が湧きそうな絵がたくさんあり、アンツのメンバーで材料などを用意しながら楽しみにしていました。





e0118827_1942279.jpg
 

 ところが、新型インフルエンザの流行という事態になり、急遽、子どもたちの「かかしの絵」をもとに、アートアンツでかかしをつくり、それを設置するという企画になりました。




e0118827_19425034.jpg
 




 

 子どもたちと一緒にワークショップを行えなかったことはとても残念でしたが、面白いアートな“かかし”をかざることができてよかったです。

 




e0118827_19483315.jpg

e0118827_19484638.jpg

e0118827_19493231.jpg





 11月には稲刈りしたお米をいただく「収穫祭」が、予定されています。
 一歩一歩楽園さんのホームページで、田植えの模様など見ることができます。
 http://ippoippo-rakuen.org/

アート工房ディレクター 渡辺秀亮
[PR]

by artvillage | 2009-09-01 19:51 | アート