<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

山田うん コンテンポラリーダンスワークショップ②

 2008年9月20日(土)19時~22時、21日(日)10時~13時に「山田うん コンテンポラリーダンスワークショップ」の二回目の講座が開催されました。
e0118827_23492384.jpg

e0118827_23524716.jpg
 


 今回は16名の参加でしたが、皆さんとても気持ちよさそうに体を動かしていました。
 2日間あわせて、6時間ほどのワークショップですがそのうちの大部分を使って行われたのが、順番に体を動かし、そしてそれを残りのメンバーが紙に動きを描いていくというものでした。
 縦のラインは自分で描いたもので、横のラインは他のメンバーが自分のダンスを描いたものです。ずらっと並べてみると様々なものが見えてきて、さながら性格判断のようでした。


 
e0118827_0121311.jpg

e0118827_0175499.jpg
 次に、並んでいる絵?から好きな物を選んでそれを表現し、さらに3人で1チームとなりそれぞれが関係性を持ちながら表現をしました。
 講師の山田うんさんも、参加者のメンバーと一緒にダンスにくわわり、時間の経つのも忘れるほど集中して楽しんでいました。



e0118827_0181111.jpg

次回は12月13・14日に開催され、1月には発表会もあります。
随時、参加者も募集しています。12月からでもOKですので、興味がある方は是非、見学にきてください。
                         アート工房ディレクター 渡辺秀亮
[PR]

by artvillage | 2008-09-28 23:43 | アート  

石川の石を彫ろう Tシャツ作り

 9月16日に「石川の石を彫ろう2008」参加メンバー有志でTシャツ作りをしました。
e0118827_15591467.jpg
 

 「石川の石を彫ろう」で使っている、石川県産の戸室石・日華石・滝ヶ原石の三種類の石をイメージした、三色のTシャツです。




 10月4日、5日に開催する「金沢市民芸術屋台村」の“石川の石屋台”で販売する予定です。皆さん是非、芸術村に遊びに来てください。
e0118827_1672858.jpg

                              アート工房ディレクター渡辺秀亮
[PR]

by artvillage | 2008-09-20 15:56 | アート  

鳶服の詩!

ドラマ工房では2009年2月にプロデュース公演を行います!


ドラマ工房プロデュース公演#4
土田英生戯曲講座優秀作品
鳶服の詩!


e0118827_2333678.jpg


鳶服メンバーズ!!



作・演出は林恒宏さんです。
この作品は、昨年・一昨年と2年間にわたって行われた「土田英生戯曲講座」で創作され、土田さんによる一回目の「演出家ワークショップ」を経て、これからいよいよ作品づくりにとりかかります!


今日はオーディションを通った俳優陣との顔合わせを里山の家で行いました。
これからどんな作品となっていくのか、非常に楽しみです!

今後も「鳶服の詩!」情報をアップしていきますので、みなさまぜひ、来年2月の公演に足をお運びくださいね!(・・・って気が早すぎますかね?)



ドラマ工房ディレクター 井口時次郎
[PR]

by artvillage | 2008-09-18 23:34 | ドラマ  

JAZZ-21 今治ジャズ・タウン遠征レポート~後編~

e0118827_2283580.jpg
8月24日(日)、宿から1分ほど歩くともうそこは海で、この日は天気もよく、気持ちのよい朝の港の風景を見ることができ、散歩するメンバーもいたようです。
この日はメインコンサートがあり、日本で活躍するミュージシャンが一同に会し、演奏を繰り広げ、JAZZ-21はそのトップに立ってオープニングを飾るという大きな経験をすることになりました。

午前中にリハーサルを終えて午後からは地元の高校生や社会人の人たちに混じり、パート別のワークショップをプロのミュージシャンから一時間ほど受けました。
e0118827_2295890.jpg私はドラムのワークショップに立ち会いましたが、ジャズらしいグルーブ(ノリ)感を出すために身に付けておかなくてはならない基礎的なことを理論と実践で理解する内容で、非常によいワークショップで貴重なものでした。受けたメンバー2人にとっては今自分に足りないものが何なのか理解できたと思います。他のパートで参加したメンバーにもとても良いワークショップだったはずです。
e0118827_22103361.jpg
e0118827_22105495.jpg

その後、メイン会場の公会堂のエントランスの前の広場では地元アマチュアのバンドのウェルカム演奏が開場になるまで続き、お客さんはビールを飲みながら演奏に耳を傾け、徐々に盛り上がっていきました。
e0118827_22112498.jpg

そして、いよいよメインコンサートが始まり、JAZZ-21の演奏がスタート。
猪俣さんの指揮とトークで進行しました。結構、金沢市と芸術村のことを話されて、かなり宣伝(?)して頂きました。
e0118827_2212085.jpg

e0118827_22121318.jpg

演奏後はみんなで猪俣さん率いるビックバンド(オオトリ)の素晴らしい演奏を聴き、堪能しました。コンサート終了後はみんな感動したようでハイテンションになっていたのが印象的でした。
翌25日(月)にしまなみ海道を通って金沢に戻り、反省会をしましたが、メンバーからは「もっと練習して、良い演奏が出来るようになりたい」など前向きな感想が多く聞かれ、今後の運営に活かしていきたいと思います。
最後に一緒に同行して頂いた講師の方々、猪俣さん、今治でお世話して頂いた方々に感謝したいです。ありがとうございました。

24日(日) メインコンサート演奏曲目
 M-1 AMERICAN PATROL
 M-2 TAXID JUNCTION
 M-3 IN A SENTIMENTAL MOOD
 M-4 BLUE BOSSA
 M-5 ONE O'CLOCK JUMP

ディレクター 新谷美樹夫
[PR]

by artvillage | 2008-09-17 22:16 | ミュージック  

舞台技術養成講座!

更新が遅れましたが、9/1~12の日程で舞台技術養成講座が開かれました。

ドラマ工房は、利用者が技術講習を受けることによって自主管理・自主運営を実現しています。今までに音響や照明機材に触れた経験のない人でも、講習をしっかり受けて技術認定を受けることによってドラマ工房内の機材を操作することができます。

特に、綱元の操作は危険を伴うため、プロの業者以外は使えないのが普通ですが、ドラマ工房では可能となっています。

しかし、やはり事故が起こらないようにするためにはしっかりと講習を受けることが必要です。

写真は新規の綱元講習の模様です。

e0118827_23152926.jpg




e0118827_23161038.jpg


すでに免許を取得している方々にも、安全には細心の注意を払って使っていただいています。

芸術村ができて12年。
人の命にかかわるような大事故は一度たりとも起こっていません。
それも、地道な講習と、利用者が「自分たちの工房だ」という意識を持っていただいているからだと思っています。

今後も、事故のないようにお願いします。



ドラマ工房ディレクター 井口時次郎
[PR]

by artvillage | 2008-09-17 20:16 | ドラマ  

「ひみつの基地」牛嶋 均

 9月11日に「金沢アートプラットホーム2008」の参加作家の一人、牛嶋 均さんが、芸術村で今後のワークショップのためのスタッフ打合せとプレワークショップを行いました。
e0118827_22543266.jpg

e0118827_2255385.jpg



 
 

 黄色のTAMAは直径約2mと大きく、人が中に入ることも出来ます。
くるくる、くるくるとまわる姿は、とてもかわいく、見ているだけでワクワク!!してきます。









e0118827_22573626.jpg

 TAMAは1つの球体になったり、2つに割れたり、4つに割れたり。うーん。どんな基地を作ろうかな〜???手伝ってくれた“学生ノートック”のメンバーも興味津々です。
 この日は、みんなで作った基地の中で最後に梨を食べながらのティータイムをしました。
基地の中から見る外の世界は特別な色の世界に見えました。
e0118827_2303958.jpg

 10月5日には「金沢市民芸術屋台村」が開催されます。様々なワークショップや演奏などが行われる中、牛嶋さんのワークショップも芝生の上で行います。是非、皆さん一緒に基地をつくりましょう?!参加自由なので黄色のTAMAをみかけたら、遊びにきてください。
                          アート工房ディレクター 渡辺秀亮
[PR]

by artvillage | 2008-09-14 22:51 | アート  

JAZZ-21 今治ジャズ・タウン遠征レポート~前編~

8月22日(金)~25日(月)にかけて「今治ジャズ・タウン」にJAZZ-21が参加してきました。
e0118827_17164765.jpg金沢から愛媛県今治市までは片道8時間強のバス移動でしたが、行きは県外遠征ということでワイワイガヤガヤとバスの中は大変賑やかでした。

瀬戸大橋を渡り、四国に上陸し、今治市についたのは夕方5時でした(因みに出発時間は朝9時)。


宿に入り夕食の時には地元の実行委員会の皆さんや今治市役所の方が訪問して下さり、Tシャツや今治特産のタオルをみんなにいただきました。
e0118827_17225690.jpg
e0118827_17231062.jpg


e0118827_171704.jpg今治市は人口17万ほどの都市で、タオルの生産(全国の70%)と造船の町で昔は瀬戸内海の海賊の拠点だったということで、金沢とは違った豪快な印象を事ある毎に受けました。







翌23日(土)は「今治ジャズ・タウン」のメイン会場である今治市公会堂で行われる「ジャズ甲子園」にゲストとして参加。
e0118827_17131598.jpgこのジャズ甲子園は四国と広島の高校生のブラスバンドでジャズを演奏している高校が4校参加していました。それぞれ特徴があっていろんなスタイルの演奏を披露していました。
優勝したのは広島から来ていた広島県立福山工業高等学校で高校生の年代としては質の高い演奏でした。(1日5時間ほどの練習をしているそうです。)

ジャズ甲子園の最後にゲスト演奏としてJAZZ-21が演奏を行いました。
e0118827_17133244.jpg

e0118827_17135520.jpg

みんな違う土地ということで、かなり力の入りすぎた(?)演奏だったかな。どうも金沢ではあまり緊張することのない皆ですが、さすがに緊張したみたいでした。会場の皆さんから手拍子をいただいたりして無事終了。

夕食後は今治市内でいろいろな場所でプロや地元の人たちが繰り広げるライブを聴きに出かけました。デパートの屋上、うどん屋さん、食堂、カフェ、ホテル・・・など10箇所でいろんなスタイルのジャズが繰り広げられ今治の町がジャズで盛り上がっている感じでした。見に行った子ども達はプロの演奏に圧倒されていたことでしょう。

23日(土) ジャズ甲子園演奏曲目
 M-1 THING'S AINT WHAT THEY USED TO BE
 M-2 BLUE BOSSA
 M-3 BLUES IN A
 M-4 BEGIN THE BEGUINE
 M-5 われは海の子
 M-6 JUMPING AT THE WOODSIDE
 M-7 ONE O'CLOCK JUMP

後編につづく~

ディレクター 新谷美樹夫
[PR]

by artvillage | 2008-09-10 17:32