カテゴリ:職人大学校( 1 )

 

伝統を守り未来につなぐー金沢職人大学校

金沢職人大学校をご存じでしょうか?
この学校は金沢の伝統的な職人の技を伝承するための人材育成を目的としている学校で、芸術村と同じ敷地内にあります。研究生は皆、すでにプロとして活躍している職人さんたち。石工、左官、瓦、造園、大工、畳、建具、表具、板金の9科があり、3年間をかけて高度な知識と技術を習得します。卒業後も研修を続ける人たちは修復専攻科に進学し、資料の収集、調査や保存修復を通して技能と職人としての精神を学んでいきます。

さて、きょうご紹介するのは、この職人大学校修復専攻科と「子どもマイスタースクール」です。

修復専攻科は、現在、金沢市指定文化財である平尾家住宅(1860年建立/金沢市湯涌町 旧江戸村内)の調査を行っています。建物の現況を正確に記録して将来の修復工事に向けての基礎資料を作成しています。調査と修復は文化財を後世に伝えるための大切な事業のひとつです。

e0118827_18534124.jpg
データが修正されるのを避けるために
フィルムで撮影します。
                                                                      修復専攻科のみなさん

e0118827_18594988.jpg





  (取材・写真/Toishi、Kado)                                                                                     



こちらは「子どもマイスタースクール」です。
2年間をかけて、職人大学校の9科を体験実習します。
きょうは建具の日。衝立てを作っています。

小学校4年生から中学1年生までが、鑿(ノミ)、金槌、鋸を
使いこなしています。
e0118827_191395.jpg




 本職の大工さんを先生にノコギリの使い方を 習うとは、なんと素敵な授業でしょう。
e0118827_1922186.jpg





e0118827_194552.jpg



ホゾ穴を作りました。美しい出来映えです。
e0118827_1944079.jpg







こちらは完成予想のお手本です。



子ども達は課題をこなしながら技術を習得し、長い時間をかけて自分の手で物を作ることの喜びを知るのだと思います。未来を作る子ども達のがんばりに、大きなエールを贈りたい!(お)
[PR]

by artvillage | 2007-06-09 20:16 | 職人大学校