カテゴリ:ドラマ( 118 )

 

Agクルーin金沢市立安江金箔工芸館「修学旅行」

3月10日(土)&11日(日)に、金沢市立安江金箔工芸館で「修学旅行」というお芝居をしました。
普段は金沢市民芸術村の中で活動しているAgクルーですが、芸術村の中だけに留まっていないで、まちなかに出て芝居をすることに価値があるのではないかと考え挑戦しました。
今回の「まちなか」は、金沢市の観光スポットの1つ、東山。地元のみなさんはもちろん、観光客のみなさんにも足を運んでいただこうとチラシを配布したり呼び込みをしたりもしました。
e0118827_211348.jpg
e0118827_214324.jpg
e0118827_21384063.jpg
この「修学旅行」という脚本は2005年全国高校演劇大会で最優秀賞に輝いた作品で、畑澤聖悟氏が高校生向けに書き下ろしたものです。50才以上のメンバーが高校生役を演じるのはとても大変でしたが、高田伸一氏のきめ細かな演出とAgのメンバーの熱意、そして舞台衣装家川口知美氏の指導による手作り衣装が、そのギャップと困難さをクリアしてくれました。
e0118827_21291414.jpg
e0118827_2112420.jpg
e0118827_21105418.jpg
しかも12月の初演とは違って金沢弁バージョンにリメイクした上に、内容や動きもレベルアップしました。もうメンバーは、すっかり役になり切っていて、高校生に見えてくるから不思議です。
e0118827_21172668.jpg
e0118827_21183119.jpg
会場からは、ひっきりなしに笑い声が起こり、観客も役者も一体となった感じがしました。「とっても楽しかったです」「いっぱい笑いました」「高校生に見えました」などなど嬉しい声がたくさん届きました。
e0118827_2120348.jpg
なお、これらの写真はゲネプロ時の写真です。公演は両日共に満席でした。           ドラマ工房ディレクター長井珠子
[PR]

by artvillage | 2012-03-18 21:40 | ドラマ  

ジュニア・クラブ第1期生公演

2月25日(土)~26日(日)の2日間にかけて、ジュニア・クラブ第1期生による公演「聞いて聞いてぼくのわたしの表現を!」を開催しました。小学校3年生~6年生25名が、これまでの練習の総仕上げの姿を(A)(B)(C)の3回の公演で披露しました。
e0118827_1642939.jpg
まずは日頃取り組んでいる発声練習「『あいうえお・ん』の様子から。開講当初は、なかなか口が開かず声も出ない子が多かったのに、今でははっきりと大きな口を開けおなかから声を出せるようになってきました。この写真は、工藤直子さんの詩『のはらうた』を暗唱しみんなで工夫しあって四季の野原を表現しているところです。季節ごとにスポットライトのカラーが変化するので、すてきな雰囲気になりました。
e0118827_16465574.jpg
これは「きつつきの商売」のお話を朗読しているところです。「おとや」を開店したきつつきや音を買いに来たお客になりきって表現しようとがんばりました。
e0118827_1657534.jpg
「おはようきつつきさあん、何してるんですかあ、きつつきさあん」
e0118827_19572493.jpg
『ゆらゆらばしのうえで』のお話。まるただけになっていた橋が風にあおられて、ギギギギーとかたむき、うさぎとキツネは…
e0118827_2021897.jpg
『モチモチの木』じさまあ、じさまあ、おくびょう豆太はじさまがいないと一人じゃ、しょうべんもできないんだ。
e0118827_2055368.jpg
「あっ、モチモチの木に灯がついている」泣き泣き医者様を呼びに走った豆太は、ついに見た。モチモチの木に灯がともるのを。
e0118827_2095868.jpg
群読『お祭り』「わっしょいわっしょい、芸術村まつりだ!」みんなの心を1つにして、精いっぱいの声で、みんなで工夫した動きの群読に仕上げました。「感動しました」「涙が出ました」など嬉しい感想がたくさん寄せられました。ドラマ工房ディレクター 長井珠子
[PR]

by artvillage | 2012-03-04 20:20 | ドラマ  

第12回ジュニア・クラブ ミニクリスマス会

12月10日(土)、里山の家で、ジュニア・クラブのミニクリスマス会を開催しました。2月末の公演本番まで2ヶ月あまりとなった時点の子ども達の暗唱や朗読を、日頃応援してくださっている保護者の」皆様に、子ども達の間近かで聞いていただきたいと思ったからです。
プログラム1:「あいうえおん」
日頃、発声練習に使っています。口をしっかり開けて、はっきり発音するのがねらいです。
e0118827_15463520.jpg
プログラム2:「のはらうた」の暗唱
工藤直子さんの素敵な詩を春・夏・秋・冬の4グループに分かれて暗唱しました。気持ちを言葉に乗せて暗唱できるようになった子が多く、子ども達の気持ちが伝わってきました。
e0118827_1547050.jpg

プログラム3:「きつつきの商売」
きつつきや野うさぎなど、登場人物の気持ちになりきって読む朗読を聞いていると、そのときの情景が浮かんできました。
e0118827_15472144.jpg
e0118827_15474054.jpg
プログラム4:「ゆらゆらばしのうえで」
以前、プロアナウンサーの横田幸子氏が紹介してくださったお話で、心があったかくなる素敵な物語です。
e0118827_1548414.jpg
e0118827_15482398.jpg
e0118827_15485485.jpg
その後、子ども達は町出先生の読み聞かせを聞き、クリスマス用の飾り付けをしたお部屋で、おやつを食べたりゲームをしたりして楽しくすごしました。本番の公演では「モチモチの木のドラマティックリーディング」や「お祭の群読」も披露します。お楽しみに。 ドラマ工房ディレクター 長井珠子
[PR]

by artvillage | 2011-12-16 15:49 | ドラマ  

シルバークルー衣装制作ワークショップ

11月26日(土)から27日(日)にかけて、「Agクルーの衣装を制作するためのワークショップ」を開催しました。
講師はプロの衣装家・川口知美さん。
e0118827_1135586.jpg
「50才以上のメンバーが高校生役を演じるお芝居の衣装」に相応しいものを、「古着をアレンジして手作りで作ろう」という壮大な?ワークショップです。
e0118827_111181.jpg
e0118827_1113439.jpg

場所は、演出の高田伸一氏所有の稽古場「110SHOW]を使わせていただきました。会場が広々としているので、山のように集まった古着や10台のミシンを配置しても、ゆったりと材料を広げて検討したり作業したりするスペースがあり、最高の会場でした。
e0118827_11968.jpg

e0118827_11131552.jpg
講師から出された注文は、
1.自分以外の役者の衣装を作ること、その役柄を考えて配色や組み合わせを工夫すること。
2.修学旅行先の旅館でのシーンなので、白っぽい地にアクセントをつけること、その衣装に合ったカラーのラインを入れてジャージの雰囲気を出すこと。
e0118827_1112404.jpg

でした。参加者の皆さんは、みんなで「ああでもないこうでもない…」と話し合いながら、和やかにそして予想以上に早いペースで制作していきました。
今回のワークショップで、担当者として嬉しかったのは、日頃芸術村に出入りしていなかった文化服装学院の学生さんが参加してくださり、講師の川口さんと語り合いながら最後まで頑張り抜いて、素敵な衣装を作ってくださったことです。
e0118827_1155079.jpg
また、ボランティアで気持ちよくお手伝いをしてくださった皆様にも感謝感謝です。ドラマ工房ディレクター 長井珠子
[PR]

by artvillage | 2011-12-03 11:13 | ドラマ  

第19回Agクルー

11月15日(火)には、第19回Agクルーを開講しました。
現在、Agクルーのメンバーは、12月18日(日)に市民芸術村アート工房で開催される「3工房合同企画」のイベントに、ドラマ工房の代表として参加すべく、畑澤聖悟作の「修学旅行」というお芝居の稽古に励んでいます。
e0118827_13494833.jpg

e0118827_1350244.jpg
練習を積めば積むほど、この脚本のおもしろさが理解でき、みなさん楽しみながら工夫を凝らして練習しています。
e0118827_13504363.jpg
e0118827_1351022.jpg

演出の高田伸一氏の深い読みと指導により、回を追うごとにレベルアップしていく稽古の様子を眺めているのは、とても楽しいです。
e0118827_13514468.jpg
11月26日と27日には、このお芝居にふさわしい衣装制作ワークショップを開催します。講師はプロ衣装家の川口知美さんです。参加してみたい方は、芸術村までご連絡ください。また、18日は16時からアート工房でこのお芝居を披露します。是非、お越しください。
ドラマ工房ディレクター 長井珠子
[PR]

by artvillage | 2011-11-17 13:52 | ドラマ  

第8回ジュニア・クラブ

10月22日(土)には第8回ジュニア・クラブを開講しました。ストレッチや「あいうえおん」の発声練習のあと、2月の公演で披露する「のはらうた」の練習をしました。
e0118827_22274458.jpg
e0118827_22281748.jpg
町出先生からどんなことに気をつけて練習したら良いかについて教えていただいてから、「春・夏・秋・冬」のグループに分かれ、工夫をしながら練習を進めました。
e0118827_22293067.jpg
e0118827_2230594.jpg
e0118827_22303690.jpg
今日は町出先生作のナレーションを付けて音読をしたところ、一編一編の詩が物語のようにつながって、詩の世界の情景がふわあっと浮かんできました。「のはらうた」のコーナーは、なかなかいい感じになりそうです。回を重ねるごとに、子ども達の表現力が向上していくのが良く分かります。
e0118827_22313242.jpg
次回は、「きつつきの商売グループ」と「ゆらゆらばしのうえでグループ」に別れてドラマティックリーディングの練習に入ります。これからが楽しみ楽しみ!                           ドラマ工房ディレクター 長井珠子
[PR]

by artvillage | 2011-10-29 22:36 | ドラマ  

第12回Agクルー(シルバークルー)

10月11日(火)
 職人大学校のできたての一室をお借りして講座を開きました。
 まずは、いつものようにストレッチから。講師高田伸一氏はメンバーが自分の身体の隅々にまで意識が向くように指導してくださるので、素人の私も思わず一緒にストレッチをしながら身体のつくりを意識したり、身体の様々な箇所から声を出す方法に挑戦してみたくなりました。
e0118827_12322322.jpg

 今日のメインはシナリオを読み込むこと。この場面のこの瞬間には、どんな気持ちでどんな声でどんなタイミングでせりふを発すると良いのか…
 クルーのみなさんは、1週間の間に自分なりに解釈しながら読み込んできた成果をどんどん発揮なさるので、お芝居のレベルがぐんぐんレベルアップしていきます。お一人お一人の努力、すごいです。
e0118827_12391351.jpg
e0118827_12505761.jpg

レベルアップしたメンバーに、高田氏はさらに個々の力を高めるための助言・指導をなさいます。
その話に食い入るように耳を傾け、少しでも上のステップに昇ろうとする皆さんの熱気が会場を包みました。
e0118827_12592392.jpg
e0118827_1301732.jpg


 現在Agの皆さんが取り組んでいる畑澤聖悟作「修学旅行」という脚本は、高校演劇のために書き下ろされた作品です。そのお芝居に50才以上のメンバーが挑戦するところに、面白さがあります。
 このお芝居は来たる12月18日(日)の3工房合同企画のイベントで、お披露目します。会場はアート工房です。皆様、是非お越し下さい。    ドラマ工房ディレクター 長井珠子
[PR]

by artvillage | 2011-10-15 13:03 | ドラマ  

第6回ジュニア・クラブ

 9月24日(土)、第6回ジュニア・クラブを開講しました。今回のメイン講師は、第4回に続いて横田幸子アナウンサーです。プロアナウンサーに2回もご指導いただける子ども達は、なんて幸せなのでしょう!
 最初は例によって、簡単なストレッチや声だしによるアップです。最初のうちは、2週間ぶりだからかエンジンがかかりにくい子も見られましたが、これまでより早いペースで大きな口を開け元気よく声を出せる子が増え、嬉しかったです。
 早速横田さんにタッチ!
e0118827_10544997.jpg
e0118827_10551832.jpg
アップを受け、良い発声ができるコツを指導してくださいました。「大きい口を開けるだけでなく10秒間アーとのばしてごらん」と言われた子ども達は、これまで以上にたっぷり息を吸って大きな声に挑戦しました。
e0118827_10561289.jpg
e0118827_10562819.jpg
もちろん個人差はありますが、以前に比べどの子も見違えるように口が開き声が出るようになりました。感動です!「その調子よ!みんな」と私の顔は自然に笑顔になっていました。
 続いて「ゆらゆらばしのうえで」という心温まる絵本の読み聞かせをしてくださいました。
e0118827_10565797.jpg
ゆらゆらゆれて今にも落ちそうな丸太橋の上で敵対していたキツネとウサギが…横田さんの読み聞かせで物語の世界に引き込まれたみんなは、次は読み手へと変身します。
e0118827_10574110.jpg
e0118827_10575355.jpg
なごやかな雰囲気でグループ練習が始まりました。各グループを、横田アナウンサー、町出先生、そして私と3人が個別指導をして回りました。
 発表の時間になると、みんなは、「発表したい」と自分達から手を挙げて次々と前へ。短時間の練習ではありましたが、成果ははっきり見て取れました。
e0118827_10582732.jpg

 6月14日に初めてみんなに出会った時は、みんなコチンコチンだったのに、今では会場の空気がとても柔らかく、部屋いっぱいにやる気が満ち満ちていて嬉しかったです。頑張るみんなから、私自身も元気をもらいました。ディレクター 長井珠子
 
[PR]

by artvillage | 2011-09-27 11:00 | ドラマ  

第9回シルバークルー

9月20日(火)第9回シルバークルー
 シルバークルーのメンバーは、人生経験が豊かでそれぞれの個性がきらりと光る人たちが集まっています。
e0118827_9563120.jpg
講師高田伸一氏のご指導のもと、高校演劇「修学旅行」の稽古に励んでいます。
 いよいよ配役も決まり、立ち稽古の段階に入りました。練習会場は「里山の家」です。古民家を移築した会場で、実年齢と役年齢とのギャップを楽しみながら、修学旅行先の沖縄の旅館を舞台としたお芝居の稽古に取り組みました。
e0118827_957345.jpg
e0118827_9573234.jpg
e0118827_9575193.jpg
e0118827_9581667.jpg

 脚本を読んでいた段階には見えなかった「その場の雰囲気や景色」が見えてきて、お芝居のおもしろさを楽しませていただきました。       ディレクター長井珠子
[PR]

by artvillage | 2011-09-22 09:58 | ドラマ  

第5回ジュニア・クラブ

9月10日(土)
 第5回のジュニア・クラブを開催しました。
最初のアクティビティには「ふわっ」という詩を使い、鏡を見ながら「ふ」の口形と「あっ」のちがいを確かめながら声出しをしました。口の形や大きさを意識したことで、「ふわっ ふわっ ふわっ」という響きのある声が出るようになりました。
 そこで、町出先生のご指導にタッチ! 発音練習のあと、「のはらうた」の練習に入りました。数ある詩の中から町出先生が選び、春夏秋冬バージョンに編集してくださった約20編の詩の練習です。4つの季節グループに分かれリーダーを中心に、まず今日の詩を選び、どこを工夫するかを話し合って練習します。
e0118827_11343664.jpg
e0118827_11351028.jpg
e0118827_11353596.jpg

 グループに分かれた時、リーダーになりたい子がたくさんいてびっくり!どんなことにも前向きに取り組む素敵なメンバーです。
 グループ練習の成果発表をする時、初めて録音してみました。なかなか良い声が響いていましたし、はっきり口を開けて音読できる子も増えていて嬉しかったです。
e0118827_11362448.jpg
e0118827_11365141.jpg
e0118827_11371134.jpg
e0118827_11374480.jpg
e0118827_1138567.jpg

 最後に町出先生が「おじいちゃんのごくらくごくらく」という心にしみるお話を読んでもらいました。毎回、みんなのために練習し、音読を披露してくださる先生の努力に頭が下がります。この音読がみんなの胸に響いて、表現力アップにつながるといいなと思っています。
e0118827_1139467.jpg
e0118827_11392737.jpg

[PR]

by artvillage | 2011-09-11 11:41 | ドラマ