降雪に伴う駐車場の状況について

現在、雪の影響で駐車場への入場が大変困難な状況となっています。
除雪を急いではおりますが、まだ時間がかかる見通しです。
お車でのご来村はお控えください。

ご迷惑をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いします。

1/12 9:30
[PR]

# by artvillage | 2018-01-12 09:49 | 事務局から  

お正月飾り

こんにちは、事務局です。

今年も芸術村事務所前に素敵な門松を飾っていただきました。

同じ敷地内に併設されている金沢職人大学校の職人のみなさんがつくられた、とても立派な門松です

飾っていただいている間に、飾りの云われや水引、笹などのノウハウを垣間見ることが出来ました。
職人芸になるほどと感心するばかりです。



e0118827_13580626.jpg

e0118827_13580474.jpg




最後に芸術村後藤村長がしめ縄を飾り、お正月飾りの完成です!


e0118827_13363322.jpg


e0118827_13363565.jpg


この門松は1月12日まで飾られています。
芸術村に立ち寄った際にはぜひ見てみてくださいね。


芸術村事務局 Y、H



[PR]

# by artvillage | 2017-12-28 14:15 | 事務局から  

♪ミュージック神社♪



毎年恒例「ミュージック神社」が今年も設置されました♪


e0118827_15553536.jpg





今年もミュージックスタッフ一同が寒い中がんばって鳥居の準備をしたので
鮮やかな鳥居をぜひ見に来てくださいね。


e0118827_15552892.jpg


もちろん、絵馬もあるので祈願してみてください。
ミュージック工房の神様が叶えてくれるかもしれません!?
ぜひ願い事を書いていってくださいね。

e0118827_15553329.jpg

e0118827_15553141.jpg


今年は年末恒例のカウントダウンイヴント『音魂』の開催は残念ながら、ありません。。。
楽しみにしていた方々、出演しようと思っていた方、申し訳ありません。

カウントダウン音魂イベントはありませんが、2018年もミュージック工房では魅力的なイベントが多数、開催予定です。

随時イベント情報をアップしているので、ホームページのイベント情報をチェックしてみてください。





今年も残りわずかとなりました。
来年2018年も芸術村、ミュージック工房をよろしくお願いいたします。
みなさま、良いお年をお過ごしくださいね♪






[PR]

# by artvillage | 2017-12-27 16:17 | ミュージック  

クリスマスに行われる公演のご紹介

こんにちは、事務局です。

先日ご紹介したドラマ工房の「かなざわリージョナルシアター2017」も
先週の公演で全日程を終了しました。
いかがでしたか?

今日の芸術村は雪景色、日頃賑わう芝生も白色でした。
e0118827_14341320.jpg

















クリスマスに行われる公演を2つご紹介です。

一つ目は音楽。
コラボレーションシリーズvol.3 −シャコンヌ、いまそこにあるもの−
「マルチヴァイオリニスト中澤沙央里がおくるヴァイオリンとヴィジュアルアートによる詩的で幻想的な世界。
演奏のみならず、バッハとバルトークの作品からの霊感を得て創り出されたヴィジュアル・アートは、
見るものをその作品世界へと引きつけるだけでなく、同時に自己の内面世界へと導きます。
魂の詩人・和合亮一を迎えて送るフクシマへの鎮魂歌「シャコンヌ、いまそこにあるもの」、
静けさの中に佇む美と無情を描いた「ある季節の思い出に(新作初演)」の2作品をお楽しみください。」

日程:2017年12月24日(日) 時間:14:00開演 (13:30開場)

会場:金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア

演目:シャコンヌ、いまそこにあるもの
   ある季節の思い出に(新作初演)

出演:中澤沙央里(ヴァイオリン、ヴィジュアル・アート)
   和合亮一(語り)
   神谷紘実(ニコフォン)

入場料:全席自由 
    一般2000円(当日2500円)
    高校生以下1000円(当日1500円)
    未就学児の入場はご遠慮ください。
詳細 コラボレーションシリーズvol.3−シャコンヌ、いまそこにあるもの−

二つ目は演劇。
ラマ工房で行われる
演劇ユニットK-CAT 第10回公演「上川家の女たち」
12月22日(金)、23日(土)、24日(日)の3日日間行われます。

あらすじ 「昭和五年、とある山間部の村。
旧家「上川家」では、当主の葬儀が、妻の貞子と五人の娘達によって報り行われていた。
長女すみれには、14歳年下の太田幹二人との縁談が進んでいた。家を守ために、世間体を重んじ高圧的な貞子。
その貞子に抑圧され愛に飢えた娘たち。
隠し続けていた憎しみと嫉妬は、ふとしたことで爆発し、事態は思わぬ悲劇を呼び起こす。」

K-CATが総力を結集して上演する、20代から70代までの女優14人による群像劇。

日程:12月22日(金)、23日(土)、24日(日)

時間:12月22日(金) 20:00
23日(土) 14:00/19:00
24日(日) 11:00/15:00

場所:金沢市民芸術村 PIT2 ドラマ工房


チケット: 一般 2000円(当日 2500円)
高校生以下 1500円(当日 2000円)
詳細 上川家の女たち

音楽会や演劇が一つの場所で見ることが出来るのも芸術村の魅力だと思います。
たくさんの方のご来場お待ちしております。



[PR]

# by artvillage | 2017-12-14 14:54  

かなざわリージョナルシアター2017はじまりました!


こんにちは、事務局です。


街路樹も色づきはじめ、秋が深まってきましたね。

芸術村のドラマ工房では、「かなざわリージョナルシアター2017」が先週の1021日(土)よりはじまりました。



金沢市やその近郊で活躍する6つの劇団が参加しているリージョナルシアターの初日は、劇団「わらべうたとえんげきの広場はちみつ」が宮沢賢治の名作童話「セロ弾きのゴーシュ」を演じ、2回開催された公演では100人を超える鑑賞者を楽しませました。


原作は宮沢賢治。出演は奈良井伸子(語り)、鳥毛こずえ(影絵・人形)、上田智子(ハープ)、外山賀野(チェロ)。

劇中では影絵や人形劇を組み合わせ、ハープとチェロの美しい音色を交えて展開し、子どもから大人までをひきつけ、宮沢賢治の童話の世界へと連れていってくれました。





今回のかなざわリージョナルシアター2017は、12月まで開催いたします。

10月の最終週末は、劇団『不完全燃焼』による公演が開催予定です。

「人造人間ナマミマンー異端英雄禄ー」

10/28() 1900

10/29() 1400



また11月からは、『表現集団 tonetonetone!』、『空転幾何区』、『劇団ドリームチョップ』、『劇団羅針盤』の劇団の公演が予定されています。


普段着感覚で気軽に演劇を鑑賞できるように、全公演に車椅子席をご用意し、託児、親子席、親子鑑賞回を設けるなど、各劇団ごとに工夫しています。


ぜひ、この機会に金沢演劇のすばらしさを体験してみませんか。




・表現集団 tonetonetone

「ダブリンの鐘つきカビ人間」

11/2() 2000

11/3() 1400~/1900

11/4() 1400~/1900

11/5() 1100~/1430



・空転幾何区

Clock

11/25() 1300~/1900

11/26() 1300



・劇団ドリームチョップ

「底のない柄枸」

12/2() 1300~/1930

12/3() 1300



・劇団羅針盤

「聖夜に2度目の鉄槌をー赤い服の世界的不法侵入に関する幾つかの考察ー」

12/8()  2000

12/9()  1400~/2000

12/10() 1400









[PR]

# by artvillage | 2017-10-28 14:34 | 事務局から