光る泥だんご!試作体験

                    アート工房ディレクター 戸出雅彦
 
 東京、千石の左官職人 榎本新吉さんの左官技術を駆使して作った光る泥ダンゴ。私が最初にその存在を知ったのは、INAXミュージアムでした。
 金沢市民芸術村には、職人大学校が隣接しており様々な職人さんがいます。
私は、何とかこの光る泥ダンゴを金沢の左官職人さんとともに地元の材料や工芸技法などを使って作り上げることは出来ないかと考えました。そんな話を左官職人の竹本茂之さんに相談した所「やりましょう!」という返事が返ってきました。先日8/9夜、アート工房サポートスタッフ「アートアンツ」の有志とともに竹本さんの指導で、この光る泥ダンゴの試作を行いました。何故だか凄く光って不思議に楽しかったのです。帰ってからも無言で眺めてニヤニヤしているのは私だけでしょうか?ワークショップは、子ども達対象に11月開催、大人対象は「加賀泥団子倶楽部」と称して12月初旬に計画しています。
まだ試作段階ですのでそれまでに、工芸の加飾技法も取り入れていろいろと実験してみようと思います。どんな泥団子が出来るか乞うご期待!!

e0118827_8114719.jpg

[PR]

by artvillage | 2007-08-23 08:13 | アート  

<< 暑い熱い『空を翔るJAZZ』 PIKAPIKAが、ついに作品に! >>