かなざわリージョナルシアター2017はじまりました!


こんにちは、事務局です。


街路樹も色づきはじめ、秋が深まってきましたね。

芸術村のドラマ工房では、「かなざわリージョナルシアター2017」が先週の1021日(土)よりはじまりました。



金沢市やその近郊で活躍する6つの劇団が参加しているリージョナルシアターの初日は、劇団「わらべうたとえんげきの広場はちみつ」が宮沢賢治の名作童話「セロ弾きのゴーシュ」を演じ、2回開催された公演では100人を超える鑑賞者を楽しませました。


原作は宮沢賢治。出演は奈良井伸子(語り)、鳥毛こずえ(影絵・人形)、上田智子(ハープ)、外山賀野(チェロ)。

劇中では影絵や人形劇を組み合わせ、ハープとチェロの美しい音色を交えて展開し、子どもから大人までをひきつけ、宮沢賢治の童話の世界へと連れていってくれました。





今回のかなざわリージョナルシアター2017は、12月まで開催いたします。

10月の最終週末は、劇団『不完全燃焼』による公演が開催予定です。

「人造人間ナマミマンー異端英雄禄ー」

10/28() 1900

10/29() 1400



また11月からは、『表現集団 tonetonetone!』、『空転幾何区』、『劇団ドリームチョップ』、『劇団羅針盤』の劇団の公演が予定されています。


普段着感覚で気軽に演劇を鑑賞できるように、全公演に車椅子席をご用意し、託児、親子席、親子鑑賞回を設けるなど、各劇団ごとに工夫しています。


ぜひ、この機会に金沢演劇のすばらしさを体験してみませんか。




・表現集団 tonetonetone

「ダブリンの鐘つきカビ人間」

11/2() 2000

11/3() 1400~/1900

11/4() 1400~/1900

11/5() 1100~/1430



・空転幾何区

Clock

11/25() 1300~/1900

11/26() 1300



・劇団ドリームチョップ

「底のない柄枸」

12/2() 1300~/1930

12/3() 1300



・劇団羅針盤

「聖夜に2度目の鉄槌をー赤い服の世界的不法侵入に関する幾つかの考察ー」

12/8()  2000

12/9()  1400~/2000

12/10() 1400









[PR]

by artvillage | 2017-10-28 14:34 | 事務局から  

<< クリスマスに行われる公演のご紹介 秋の長夜 とことん音響講座 最終日! >>