第12回ジュニア・クラブ ミニクリスマス会

12月10日(土)、里山の家で、ジュニア・クラブのミニクリスマス会を開催しました。2月末の公演本番まで2ヶ月あまりとなった時点の子ども達の暗唱や朗読を、日頃応援してくださっている保護者の」皆様に、子ども達の間近かで聞いていただきたいと思ったからです。
プログラム1:「あいうえおん」
日頃、発声練習に使っています。口をしっかり開けて、はっきり発音するのがねらいです。
e0118827_15463520.jpg
プログラム2:「のはらうた」の暗唱
工藤直子さんの素敵な詩を春・夏・秋・冬の4グループに分かれて暗唱しました。気持ちを言葉に乗せて暗唱できるようになった子が多く、子ども達の気持ちが伝わってきました。
e0118827_1547050.jpg

プログラム3:「きつつきの商売」
きつつきや野うさぎなど、登場人物の気持ちになりきって読む朗読を聞いていると、そのときの情景が浮かんできました。
e0118827_15472144.jpg
e0118827_15474054.jpg
プログラム4:「ゆらゆらばしのうえで」
以前、プロアナウンサーの横田幸子氏が紹介してくださったお話で、心があったかくなる素敵な物語です。
e0118827_1548414.jpg
e0118827_15482398.jpg
e0118827_15485485.jpg
その後、子ども達は町出先生の読み聞かせを聞き、クリスマス用の飾り付けをしたお部屋で、おやつを食べたりゲームをしたりして楽しくすごしました。本番の公演では「モチモチの木のドラマティックリーディング」や「お祭の群読」も披露します。お楽しみに。 ドラマ工房ディレクター 長井珠子
[PR]

by artvillage | 2011-12-16 15:49 | ドラマ  

<< 3工房合同企画 アートは地球を... JAZZ-21岡崎遠征 >>